株式・投資信託・ETF・退職・年金 投資に役立つ「ケイゾンマネー」

池上通は後場動意、「PF-900シリーズ」を国内放送局に100式以上納入  6月25日13時16分

 池上通信機<6771.T>が後場に入って動意づいている。同社はきょう、業界初のARIB(電波産業会)規格に準拠した4Kコーデック内蔵のデュアルモード(OFDM/QAM変調方式)デジタルFPU(放送事業用無線局)装置「PF-900シリーズ」を、国内放送局に100式以上納入したことを明らかにした。

 PF-900は、4K大容量データの伝送が可能であるほか、従来のHD標準FPUに比べ大幅な小型、軽量、低消費電力を実現したFPU。従来のFPUの周辺機器と互換性を確保しているため、運用形態を大きく変えることなく使用することができるという。

出所:minkabuPRESS

【関連ニュース】
◎午後1時現在の値上がり値下がり銘柄数
3Dマトリクスが3日続落、19年4月期有価証券報告書に継続企業の前提に関する注記
仮想通貨関連の一角に買い、ビットコイン価格が120万円近辺で強調続く◇


Copyright (C) MINKABU, Inc. All rights reserved.

特集

「証券アナリストの調査手法とこだわり」(全6回)

「証券アナリストの調査手法とこだわり」

証券アナリストの行動パターンをご紹介!個人投資家のリスク回避術を学ぼう。

特集を読む »

おもしろ企業探検隊

おもしろ企業探検隊

平林亮子&内田まさみの「そうだ!社長に会いに行こう」ナブテスコ株式会社

特集を読む »