株式・投資信託・ETF・退職・年金 投資に役立つ「ケイゾンマネー」

EduLabが4日ぶり反発、CTCが「DEEP READ」の提供開始◇  6月26日14時03分

 EduLab<4427.T>が4日ぶりに反発している。伊藤忠テクノソリューションズ<4739.T>がこの日の午前中、同社と販売代理店契約を締結し、人工知能(AI)を活用した手書き文字認識(AI-OCR)サービス「DEEP READ」の提供を開始すると発表しており、これを好材料視した買いが入っている。

 CTCでは紙文書のデータ化需要が大きく見込まれる製造業を中心に金融や官公庁などに向けて展開し、関連するシステム販売を含めて3年間で5億円の売り上げを目指すとしている。EduLabの業績拡大にもつながるとの期待が高まっている。

(注)タイトル末尾の「◇」は本文中に複数の銘柄を含む記事を表しています。

出所:minkabuPRESS

【関連ニュース】
債券:国債買いオペ、「残存期間3年超5年以下」の応札倍率5.09倍
アートSHDは戻り相場、自動運転関連で頭角現し3日続伸
プロトコーポは続伸、上期業績で固定資産売却益を計上へ


Copyright (C) MINKABU, Inc. All rights reserved.

特集

「証券アナリストの調査手法とこだわり」(全6回)

「証券アナリストの調査手法とこだわり」

証券アナリストの行動パターンをご紹介!個人投資家のリスク回避術を学ぼう。

特集を読む »

おもしろ企業探検隊

おもしろ企業探検隊

平林亮子&内田まさみの「そうだ!社長に会いに行こう」ナブテスコ株式会社

特集を読む »