株式・投資信託・ETF・退職・年金 投資に役立つ「ケイゾンマネー」

マザーズ指数は4日続伸、日経平均こう着で短期資金は向かう、サイバーダインが急伸  7月02日16時17分

 7月2日のマザーズ指数は4日続伸となった。週明け1日の米株式市場では、6月29日の米中首脳会談における通商協議再開合意を受け、主要3指数が揃って上昇。一方の東京市場では、前日の上昇分に同材料を織り込んでいたことから、朝方のマザーズ市場は前日比ほぼ横ばいでのスタートに。しかし、寄り付き直後に日経平均がプラスに転じたタイミングで、個人投資家の関心がマザーズ市場に対しても向かう格好となった。その後も、主力大型株の上値が重いなか、値動きの軽いマザーズ銘柄へと短期資金は向かいやすい地合いとなり、マザーズ指数は後場に一段高をみせた。なお、売買代金は概算で813.89億円。騰落数は、値上がり179銘柄、値下がり94銘柄、変わらず16銘柄となった。
 値上がり率上位銘柄では、ブランジスタ<6176>が16%高となったほか、アクセルマーク<
3624>が17%、ハウテレビジョン<7064>が9%の上昇に。売買代金上位では、そーせい<4565>、Sansan<4443>、リビン・テクノロジーズ<4445>、リボミック<4591>、HEROZ<4382>、メドピア<6095>、JIG-SAW<3914>、サイバーダイン<7779>が上昇。リボミックは、米国で実施中の滲出型加齢黄斑変性を適応症としたRBM-007(抗FGF2アプタマー)の第1/2a相試験(SUSHI試験)が完了したと発表している。一方で、メルカリ<4385>、UUUM<3990>、Kudan<4425>、シェアリングテクノロジー<3989>は軟調。


<SK>

 Copyright(c) FISCO Ltd. All rights reserved.

特集

「証券アナリストの調査手法とこだわり」(全6回)

「証券アナリストの調査手法とこだわり」

証券アナリストの行動パターンをご紹介!個人投資家のリスク回避術を学ぼう。

特集を読む »

おもしろ企業探検隊

おもしろ企業探検隊

平林亮子&内田まさみの「そうだ!社長に会いに行こう」ナブテスコ株式会社

特集を読む »