株式・投資信託・ETF・退職・年金 投資に役立つ「ケイゾンマネー」

日水、マルハニチロなど高い、目先ディフェンシブへの資金シフトで「水産」が業種別値上がり首位◇  7月03日09時23分

 日本水産<1332.T>、マルハニチロ<1333.T>など水産株が高い。全般相場は為替のドル安・円高などを背景に軟調な地合いにあるが、半導体、電子部品、FA関連株などが目先利益確定売りに押される一方で、ディフェンシブストックにリターンリバーサル狙いの買いが向かっている。水産株はPERなど株価指標面で割安で、きょうは業種別値上がり率でトップに買われるなど目先ハイテクセクターからの資金シフトの動きが目立っている。

(注)タイトル末尾の「◇」は本文中に複数の銘柄を含む記事を表しています。

出所:minkabuPRESS

【関連ニュース】
ファーストリテは反発、6月国内ユニクロ既存店売上高が3カ月ぶり前年上回る
KTK急反発、第3四半期営業益8%増で通期計画を超過
エンビプロHDはカイ気配で水準切り上げ、プラごみ問題対応の亜臨界融合技術・装置を導入


Copyright (C) MINKABU, Inc. All rights reserved.

特集

「証券アナリストの調査手法とこだわり」(全6回)

「証券アナリストの調査手法とこだわり」

証券アナリストの行動パターンをご紹介!個人投資家のリスク回避術を学ぼう。

特集を読む »

おもしろ企業探検隊

おもしろ企業探検隊

平林亮子&内田まさみの「そうだ!社長に会いに行こう」ナブテスコ株式会社

特集を読む »