株式・投資信託・ETF・退職・年金 投資に役立つ「ケイゾンマネー」

東証REIT指数は約4年6カ月ぶり高値に上昇、米長期金利の急低下で買い人気◇  7月03日12時34分

 東証REIT指数は4日続伸。一時、1972.15まで上昇し15年1月以来、約4年6カ月ぶりの高値圏に値を上げた。この日の時間外取引で米10年債利回りは一時1.95%台に急低下するなか、高利回り商品である日本のJ-REITを再評価する買いが強まっている。特に、地方銀行など国内勢に加え外国人の買いが継続している様子だ。この日はアドバンス・レジデンス投資法人<3269.T>や星野リゾート・リート投資法人<3287.T>、産業ファンド投資法人<3249.T>、オリックス不動産投資法人<8954.T>などが新高値となっている。

(注)タイトル末尾の「◇」は本文中に複数の銘柄を含む記事を表しています。

出所:minkabuPRESS

【関連ニュース】
サックスバーHDが3日ぶり反発、6月既存店売上高の2.7%増を好感
<個人投資家の予想> 07月03日 12時
ダイキン工業が連日の年初来高値、米国エアコン事業好調で株式需給も良好


Copyright (C) MINKABU, Inc. All rights reserved.

特集

「証券アナリストの調査手法とこだわり」(全6回)

「証券アナリストの調査手法とこだわり」

証券アナリストの行動パターンをご紹介!個人投資家のリスク回避術を学ぼう。

特集を読む »

おもしろ企業探検隊

おもしろ企業探検隊

平林亮子&内田まさみの「そうだ!社長に会いに行こう」ナブテスコ株式会社

特集を読む »