株式・投資信託・ETF・退職・年金 投資に役立つ「ケイゾンマネー」

早稲田大学グローバル科学知融合研究所、ブロックチェーン研究教育講座の最終講を開催【フィスコ・ビットコインニュース】  7月05日16時05分

早稲田大学グローバル科学知融合研究所:ブロックチェーン研究教育ラボは、4月より開催中の『ブロックチェーン研究教育講座 初級コース』の最終講である第4講を、7月13日に、東京銀座の最大規模ブロックチェーンビジネスハブ「BINARYSTAR」にて開催する。

NTP社のプレスリリースによれば、同講座は高度なブロックチェーン人材の育成のために、ブロックチェーンの基礎概論、技術、様々な業界への応用、世界の法規制などについて、より実用的な知識を多方面から学ぶことを目的としているという。

月1回の計4回の講義形式で開催されており、13日に開催する第4講では、「ブロックチェーンビジネスと法律」と題し、ブロックチェーンビジネスの法律について基礎的な知識や考え方、関連規制についての講義が行われる予定としている。




<HH>

 Copyright(c) FISCO Ltd. All rights reserved.

カテゴリ 「ビットコインニュース」 のニュース一覧

ニュース一覧 »

特集

「証券アナリストの調査手法とこだわり」(全6回)

「証券アナリストの調査手法とこだわり」

証券アナリストの行動パターンをご紹介!個人投資家のリスク回避術を学ぼう。

特集を読む »

おもしろ企業探検隊

おもしろ企業探検隊

平林亮子&内田まさみの「そうだ!社長に会いに行こう」ナブテスコ株式会社

特集を読む »