株式・投資信託・ETF・退職・年金 投資に役立つ「ケイゾンマネー」

日経平均は80円安でスタート、ソフトバンクGやスズキが軟調  7月08日09時33分

[日経平均株価・TOPIX(表)]

日経平均;21665.79;-80.59TOPIX;1588.39;-4.19

[寄り付き概況]

 7月8日の日経平均は前週末比80.59円安の21665.79円と3日ぶりの反落でスタート。5日の米国株式相場でダウ平均は43.88ドル安の26922.12、ナスダックは8.44ポイント安の8161.79で取引を終了。6月雇用統計で非農業部門雇用者数が予想を大きく上振れ、金融当局による利下げ期待が後退したことで売りが先行。ただ、米長期金利の上昇で金融セクターに買いが広がり下げ幅を縮小した。シカゴ日経225先物清算値は大阪比55円安の21645円。円相場は1ドル108円半ばとやや円安方向に振れて推移するなか、米株安を受けて日経平均は売り先行で取引を開始。なお、寄り前に発表された5月の機械受注(船舶・電力を除く民需)
は前月比7.8%減の8429億円で、4カ月ぶりのマイナスとなった。

 売買代金上位では、ソニー<6758>、ヤフー<4689>などが堅調な反面、ソフトバンクG<9984>、スズキ<7269>、イオン<8267>などが軟調な展開。業種別では、医薬品、機械、海運などが下落率上位にランクインしている。


<US>

 Copyright(c) FISCO Ltd. All rights reserved.

特集

「証券アナリストの調査手法とこだわり」(全6回)

「証券アナリストの調査手法とこだわり」

証券アナリストの行動パターンをご紹介!個人投資家のリスク回避術を学ぼう。

特集を読む »

おもしろ企業探検隊

おもしろ企業探検隊

平林亮子&内田まさみの「そうだ!社長に会いに行こう」ナブテスコ株式会社

特集を読む »