株式・投資信託・ETF・退職・年金 投資に役立つ「ケイゾンマネー」

「電子カルテ」が18位、医療IT化の礎となる成長市場が動き出す<注目テーマ>  7月09日12時20分

★人気テーマ・ベスト10

1 5G
2 脱プラスチック
3 人工知能
4 MaaS
5 サイバーセキュリティ
6 バイオテクノロジー関連
7 半導体
8 フッ素化合物
9 SaaS
10 キャッシュレス決済


 みんなの株式と株探が集計する「人気テーマランキング」で、「電子カルテ」が18位にランキングされている。

 企業のIT投資需要が旺盛となるなか、システム開発を手掛ける企業が株式市場でも人気化している。そうしたなか、医療や建設・土木分野など比較的IT化が遅れていた業界もここにきて普及が加速する流れにあり、同関連分野で活躍する銘柄にスポットライトが当たり始めた。

 電子カルテは医療分野のIT化を支える基礎となる分野で今後、マーケットの注目度が高まりそうだ。患者のデータを蓄積するだけでなく、業務の大幅な効率化にもつながる。例えば患者がスマートフォンで診療を予約する際に、症状などを書き込むなどして医師にかかる前の段階で情報共有が可能となる。これにクラウドや人工知能(AI)を活用することにより、実質的な問診を事前に進めることが可能となり、医師側の負担も大きく軽減され、時間の短縮及び医療のクオリティーそのものも向上する。

 これまでは、中小医療機関などITを使いこなせないケースが多く、普及が遅れる背景ともなっていた。しかし最近は、運用を支援する形で新たなビジネスが立ち上がる動きも出ている。スタートアップ企業との連携で同分野に強みを持つシステム開発企業が存在感を高めることになろう。電子カルテの国内普及率は、2017年時点で約4割に過ぎなかったが、その分需要開拓余地も大きく、関連銘柄は存分に商機を捉えることができる。

 関連株として、ここ人気化しているのはソフトマックス<3671.T>やCEホールディングス<4320.T>。このほか、ソフィアホールディングス<6942.T>、KYCOMホールディングス<9685.T>、YE DIGITAL<2354.T>なども注目したい。

出所:minkabuPRESS

【関連ニュース】
ソフトマックスが3連騰で新高値視界に、電子カルテで成長期待膨らむ
明日の株式相場戦略=過度な米利下げ期待後退も大勢に影響なし
<みんかぶ・個人投資家の予想から>=「買い予想数上昇」1位に大泉製


Copyright (C) MINKABU, Inc. All rights reserved.

特集

「証券アナリストの調査手法とこだわり」(全6回)

「証券アナリストの調査手法とこだわり」

証券アナリストの行動パターンをご紹介!個人投資家のリスク回避術を学ぼう。

特集を読む »

おもしろ企業探検隊

おもしろ企業探検隊

平林亮子&内田まさみの「そうだ!社長に会いに行こう」ナブテスコ株式会社

特集を読む »