株式・投資信託・ETF・退職・年金 投資に役立つ「ケイゾンマネー」

日水、マルハニチロなど水産株が業種別上昇率2位、ディフェンシブに資金シフトの動き◇  7月09日13時02分

 日本水産<1332.T>、マルハニチロ<1333.T>など水産株が堅調。業種別値上がり率でも石油に次ぐ2位となっている。全般相場は外国為替市場で円安が進んでいるものの、世界景気減速懸念を背景に主力輸出株が冴えない動き。ディフェンシブストックである水産株に資金シフトの動きがみられる。株価は出遅れ感が意識されるほか、PERなど株価指標面でも割安感があり、マルハニチロのPERは10倍前後で買い安心感がある。

(注)タイトル末尾の「◇」は本文中に複数の銘柄を含む記事を表しています。

出所:minkabuPRESS

【関連ニュース】
ファーストコーポは後場急落、20年5月期は32%営業減益で18円減配の見通し
<みんかぶ・個人投資家の予想から>=「買い予想数上昇」3位にフェニックスバイオ
日宣はS高カイ気配、AIカメラを活用したスポーツ映像配信事業の共同実験へ◇


Copyright (C) MINKABU, Inc. All rights reserved.

特集

「証券アナリストの調査手法とこだわり」(全6回)

「証券アナリストの調査手法とこだわり」

証券アナリストの行動パターンをご紹介!個人投資家のリスク回避術を学ぼう。

特集を読む »

おもしろ企業探検隊

おもしろ企業探検隊

平林亮子&内田まさみの「そうだ!社長に会いに行こう」ナブテスコ株式会社

特集を読む »