株式・投資信託・ETF・退職・年金 投資に役立つ「ケイゾンマネー」

米SEC、初めて一般投資家向けの仮想通貨ICOを承認【フィスコ・ビットコインニュース】  7月11日16時12分

米有力紙WSJの報道 によると、米SEC(証券取引委員会)は初めて、「レギュレーションA+」をもとに、2800万ドルのトークンICOパブリック販売を承認した。

米仮想通貨スタートアップBlockstackは4月にSECへICO販売の申請を行なった。この承認を持ち、日本時間12日よりICOトークンの販売を実施する予定だという。なお、Blockstackの申請費用はおよそ200万ドルに及び、「仮想通貨業界への寄付と例えた。」と同社の責任者が話した。

Blockstackが申請を行なったもととなる証券法の条項は「レギュレーションA+」だ。この規制は5000万ドル(約54億円)未満の資金調達を行う企業に対して、IPOのような審査プロセスを必要とせず、適格投資家だけでなく、一般投資家に向けて有価証券を販売することを認める。

ここでいう「有価証券」とは、SECと証券法が定義する資金調達の方法で、Blockstackが販売しようとするICOは「ユーティリティトークン」と名付けられているものだが、SECの承認で、事実上「トークンベースの有価証券」に該当するとされている。

なお、Blockstackのトークンがどのように、SECが4月に発表した「ICOガイダンス」に準拠するかは未だ読み取れないが、今回のSECの承認事例を踏まえ、今後「レギュレーションA+」を用いて比較的に少額なICOを検討する仮想通貨関連企業が増える可能性が考えられるだろう。

業界におけるICOの活性化に対して、Blockstackが取得したSEC承認は1つの重要な事例になり得る。

(記事提供:コインポスト)
CoinPost(コインポスト)は、日本最大級の仮想通貨・ブロックチェーン総合情報メディアサイトです。国内外の情報を迅速に捉え、考察も含めたオリジナル記事を配信しています。



<SI>

 Copyright(c) FISCO Ltd. All rights reserved.

カテゴリ 「ビットコインニュース」 のニュース一覧

ニュース一覧 »

特集

「証券アナリストの調査手法とこだわり」(全6回)

「証券アナリストの調査手法とこだわり」

証券アナリストの行動パターンをご紹介!個人投資家のリスク回避術を学ぼう。

特集を読む »

おもしろ企業探検隊

おもしろ企業探検隊

平林亮子&内田まさみの「そうだ!社長に会いに行こう」ナブテスコ株式会社

特集を読む »