株式・投資信託・ETF・退職・年金 投資に役立つ「ケイゾンマネー」

アクアラインが後場マイナスに転じる、水まわり緊急修理サービスの人件費増など響く  7月12日12時45分

 アクアライン<6173.T>が後場マイナス圏に転じている。正午ごろに発表した第1四半期(3~5月)連結決算が、売上高14億500万円(前年同期比3.4%増)、営業損益4400万円の赤字(前年同期3300万円の黒字)、最終損益4700万円の赤字(同1800万円の黒字)と赤字に転落したことが嫌気されている。

 ミネラルウォーター事業が好調に推移し売上高は増収を確保したが、水まわり緊急修理サービス事業は業務提携先からの入電が不調となったことに加えて、現場サービススタッフの増員による人件費の増加や自社広告宣伝費の増加などで赤字に転じ、全体の損益を悪化させた。

 なお、20年2月期通期業績予想は、売上高67億4200万円(前期比16.3%増)、営業利益2億6900万円(同46.4%増)、最終利益1億6600万円(同2.4倍)の従来見通しを据え置いている。

出所:minkabuPRESS

【関連ニュース】
債券:先物、後場始値は前営業日比17銭安の153円45銭
東京株式(後場寄り付き)=日経平均株価は前場終値比で強含む
あじかんは11連騰、ごぼう茶が大腸憩室炎の再発を予防する可能性を確認


Copyright (C) MINKABU, Inc. All rights reserved.

特集

「証券アナリストの調査手法とこだわり」(全6回)

「証券アナリストの調査手法とこだわり」

証券アナリストの行動パターンをご紹介!個人投資家のリスク回避術を学ぼう。

特集を読む »

おもしろ企業探検隊

おもしろ企業探検隊

平林亮子&内田まさみの「そうだ!社長に会いに行こう」ナブテスコ株式会社

特集を読む »