株式・投資信託・ETF・退職・年金 投資に役立つ「ケイゾンマネー」

東京株式(前引け)=反落、米株高続くも円高など受け買い入らず  7月16日11時46分

 16日前引けの日経平均株価は前営業日比159円69銭安の2万1526円21銭と反落。前場の東証1部の売買高概算は5億5079万株、売買代金概算は8732億2000万円。値上がり銘柄数は623、対して値下がり銘柄数は1427、変わらずは96銘柄だった。

 きょう前場の東京市場は、朝方軟調なスタートとなり、その後も一貫して水準を切り下げる展開となった。前日の米国株市場ではNYダウ、ナスダック指数ともに過去最高値を更新するなどリスク選好ムードが強いが、この流れを引き継げなかった。外国為替市場で1ドル=108円を割り込む円高に振れていることや、米中貿易摩擦の影響に伴い中国の景気減速懸念が改めて浮き彫りとなったことなどが売り圧力に反映された。売買代金は前場段階で9000億円を下回っており、きょうも終日ベースで2兆円台を割れる可能性がある。

 個別ではソニー<6758.T>が軟調、ソフトバンクグループ<9984.T>も冴えない。ZOZO<3092.T>も値を下げた。ベクトル<6058.T>が急落、ネオス<3627.T>も安い。MonotaRO<3064.T>も売られた。低位材料株では日本通信<9424.T>も下落した。半面、トヨタ自動車<7203.T>が上値追い、キーエンス<6861.T>も堅調。SMC<6273.T>、安川電機<6506.T>も上昇した。低位のレナウン<3606.T>が急騰し値上がり率トップ、IDOM<7599.T>、インターアクション<7725.T>も値を飛ばした。クリエイト・レストランツ・ホールディングス<3387.T>も大幅高。

出所:minkabuPRESS

【関連ニュース】
<動意株・16日>(前引け)=そーせいグループ、レナウン、レイ
インターアクが一時19%高、自社株買いと20年5月期営業最高益更新見通しを好感
トヨタが続伸で3カ月ぶり7000円大台復帰、売買代金は東証1部首位


Copyright (C) MINKABU, Inc. All rights reserved.

特集

「証券アナリストの調査手法とこだわり」(全6回)

「証券アナリストの調査手法とこだわり」

証券アナリストの行動パターンをご紹介!個人投資家のリスク回避術を学ぼう。

特集を読む »

おもしろ企業探検隊

おもしろ企業探検隊

平林亮子&内田まさみの「そうだ!社長に会いに行こう」ナブテスコ株式会社

特集を読む »