株式・投資信託・ETF・退職・年金 投資に役立つ「ケイゾンマネー」

JESCOHDがS安ウリ気配、追加工事費の発生など響き19年8月期業績予想を下方修正  7月16日10時09分

 JESCOホールディングス<1434.T>がストップ安の371円水準でウリ気配となっている。12日の取引終了後、19年8月期連結業績予想について、営業利益を4億円から1億円(前期比38.5%減)へ、最終利益を2億3000万円から8000万円(同92.7%減)へ下方修正したことが嫌気されている。

 売上高は100億円から101億円(同9.1%増)へ上方修正したものの、国内EPC事業で計画外の追加工事費の発生や発注時期の遅れによる期ずれの発生があったほか、ASEANEPC事業で受注競争激化による粗利率の低下や銅市況の高騰による資材費の上昇があり利益を圧迫した。

 なお、同時に発表した第3四半期累計(18年9月~19年5月)決算は、売上高72億1700万円(前年同期比31.0%増)、営業利益6200万円(同16.5%減)、純利益4500万円(前年同期400万円)だった。

出所:minkabuPRESS

【関連ニュース】
インフォMTは6日続落、上期業績は計画上振れも通期予想を据え置き
コラボスが急騰、最新AI技術搭載のコールセンター向け音声認識システムに脚光
<注目銘柄>=リクルートHD、業績好調続き最高値更新が視野


Copyright (C) MINKABU, Inc. All rights reserved.

特集

「証券アナリストの調査手法とこだわり」(全6回)

「証券アナリストの調査手法とこだわり」

証券アナリストの行動パターンをご紹介!個人投資家のリスク回避術を学ぼう。

特集を読む »

おもしろ企業探検隊

おもしろ企業探検隊

平林亮子&内田まさみの「そうだ!社長に会いに行こう」ナブテスコ株式会社

特集を読む »