株式・投資信託・ETF・退職・年金 投資に役立つ「ケイゾンマネー」

明日の為替相場見通し=108円前半の一進一退継続も  7月17日18時06分

 今晩から明日にかけての外国為替市場のドル円相場は、108円前半を中心とする一進一退が続きそうだ。予想レンジは1ドル=107円80~108円70銭。

 この日のドル円相場は手掛かり材料難のなか小動き。市場の関心は月末の米連邦公開市場委員会(FOMC)に向かっているが、利下げ幅は0.25%をメインに依然、0.5%を予想する見方も根強い状態。このなか、今晩発表の米6月住宅着工件数や米地区連銀報告(ベージュブック)の結果が注目されるが、この経済指標の発表後も不透明感は残る見通し。こうしたなか、米長期金利に加えNYダウの動向などが為替相場を左右しそうだ。



出所:minkabuPRESS

【関連ニュース】
日銀為替市況 午後5時時点、108円26~27銭のドル高・円安
日銀為替市況(ドル円・午後5時)
明日の株式相場戦略=変化に対応して買い出動を


Copyright (C) MINKABU, Inc. All rights reserved.

特集

「証券アナリストの調査手法とこだわり」(全6回)

「証券アナリストの調査手法とこだわり」

証券アナリストの行動パターンをご紹介!個人投資家のリスク回避術を学ぼう。

特集を読む »

おもしろ企業探検隊

おもしろ企業探検隊

平林亮子&内田まさみの「そうだ!社長に会いに行こう」ナブテスコ株式会社

特集を読む »