株式・投資信託・ETF・退職・年金 投資に役立つ「ケイゾンマネー」

フォーカスがマイクロン社と臨床試験の画像判定をAI化するシステム開発で協業  7月17日15時52分

 フォーカスシステムズ<4662.T>がこの日の取引終了後、イメージング技術を活用した医薬品や医療機器などの開発支援を行うマイクロン(東京都中央区)と、臨床試験における画像判定をAI化するシステムの開発を目的に協業を開始したと発表した。

 今回の協業は、臨床試験における画像判定のAI化を図ることで「判定精度の向上・一定化」や「判定の効率化」を実現するのが狙い。また、将来的には日常診療にも応用し、「医師不足」や「病変の見逃し」などの社会問題を解決することを目指すとしている。

出所:minkabuPRESS

【関連ニュース】
NOKが20年3月期業績予想を下方修正
東京株式(大引け)=66円安、米中摩擦長期化への懸念で下値模索続く
外為サマリー:108円10銭台中心の小動き、手掛かり材料難で様子見続く


Copyright (C) MINKABU, Inc. All rights reserved.

特集

「証券アナリストの調査手法とこだわり」(全6回)

「証券アナリストの調査手法とこだわり」

証券アナリストの行動パターンをご紹介!個人投資家のリスク回避術を学ぼう。

特集を読む »

おもしろ企業探検隊

おもしろ企業探検隊

平林亮子&内田まさみの「そうだ!社長に会いに行こう」ナブテスコ株式会社

特集を読む »