株式・投資信託・ETF・退職・年金 投資に役立つ「ケイゾンマネー」

日本アビオは一時S高、エボラ対策の検疫強化で関連銘柄に思惑買い流入◇    7月18日09時52分

 赤外線サーモグラフィを手掛ける日本アビオニクス<6946.T>が一時ストップ高まで買われた。厚生労働省はきょう、世界保健機関(WHO)がコンゴ民主共和国でのエボラ出血熱の発生状況について、「国際的に懸念される公衆衛生上の緊急事態」に該当する旨を宣言したと発表。同省では、同国及びウガンダ共和国からの入国者に対し検疫を強化するとしており、これが買い手掛かりとなっているようだ。

 関連銘柄では、同社のほか感染症対策機器を展開している日本エアーテック<6291.T>、感染症防護服を販売するアゼアス<3161.T>、医療用衛生材料大手の川本産業<3604.T>などが物色されている。

(注)タイトル末尾の「◇」は本文中に複数の銘柄を含む記事を表しています。

出所:minkabuPRESS

【関連ニュース】
PKSHAは急速な戻り足、画像認識ソフト「HRUS」への引き合い旺盛
曙ブレーキがS高、企業再生ファンドからの出資受け入れと報じられる
システナは底堅い動き、ハンドルがない自律走行バスの公道走行実験でソフト開発支援


Copyright (C) MINKABU, Inc. All rights reserved.

特集

「証券アナリストの調査手法とこだわり」(全6回)

「証券アナリストの調査手法とこだわり」

証券アナリストの行動パターンをご紹介!個人投資家のリスク回避術を学ぼう。

特集を読む »

おもしろ企業探検隊

おもしろ企業探検隊

平林亮子&内田まさみの「そうだ!社長に会いに行こう」ナブテスコ株式会社

特集を読む »