株式・投資信託・ETF・退職・年金 投資に役立つ「ケイゾンマネー」

エンプラスの第1四半期営業利益は20%増  7月19日15時50分

 エンプラス<6961.T>がこの日の取引終了後、第1四半期(4~6月)連結決算を発表しており、売上高82億8600万円(前年同期比3.3%増)、営業利益8億5200万円(同19.7%増)、純利益6億3000万(同24.6%増)となった。

 半導体機器事業で、各種ICテスト用ソケットやバーンインソケットが米国、中華圏で販売が好調だったほか、欧州における車載用途の受注が増加したことが牽引した。また、オプト事業で構造改革の効果により固定費が減少したことも寄与した。

 なお、20年3月期通期業績予想は、売上高320億円(前期比2.3%増)、営業利益20億円(同15.2%増)、純利益14億円(同4.2倍)の従来見通しを据え置いている。

出所:minkabuPRESS

【関連ニュース】
19日の主なマーケットイベント
19日韓国・KOSPI=終値2094.36(+27.81)
東京株式(大引け)=420円高と4日ぶり急反発、買い戻し流入で全面高に


Copyright (C) MINKABU, Inc. All rights reserved.

特集

「証券アナリストの調査手法とこだわり」(全6回)

「証券アナリストの調査手法とこだわり」

証券アナリストの行動パターンをご紹介!個人投資家のリスク回避術を学ぼう。

特集を読む »

おもしろ企業探検隊

おもしろ企業探検隊

平林亮子&内田まさみの「そうだ!社長に会いに行こう」ナブテスコ株式会社

特集を読む »