株式・投資信託・ETF・退職・年金 投資に役立つ「ケイゾンマネー」

BBSecの19年6月期業績は計画下振れ  7月19日16時21分

 ブロードバンドセキュリティ<4398.T>がこの日の取引終了後、集計中の19年6月期単独業績について、売上高が37億円から36億7000万円(前の期比9.7%増)、経常利益が1億5500万円から7300万円(同52.6%減)へ、純利益が1億3400万円から5900万円(同65.7%減)へ下振れて着地したようだと発表した。

 情報漏洩IT対策サービスにおいて、年間契約による受注は計画を大きく上回ったものの、20年6月期の売り上げ寄与が大きく、19年6月期は計画を下回ったことに加えて、クレジットカード業界向けコンサルティングの一部案件で役務進捗の遅れにより売上高が計画を下回ったことなどが要因としている。更に、新規サービスに向けた調査コンサルティングの委託による支払手数料の増加も響いた。

 同時に、20年6月期の業績予想も発表しており、売上高43億5800万円(前期比18.7%増)、経常利益2億7800万円(同3.8倍)、純利益1億8200万円(同3.0倍)を見込んでいる。

出所:minkabuPRESS

【関連ニュース】
クレステックが26日付で東証2部へ市場変更
エプコの6月中間期業績は計画上振れで着地
午後:債券サマリー 先物は小幅続伸、日経平均の上昇が重荷  


Copyright (C) MINKABU, Inc. All rights reserved.

特集

「証券アナリストの調査手法とこだわり」(全6回)

「証券アナリストの調査手法とこだわり」

証券アナリストの行動パターンをご紹介!個人投資家のリスク回避術を学ぼう。

特集を読む »

おもしろ企業探検隊

おもしろ企業探検隊

平林亮子&内田まさみの「そうだ!社長に会いに行こう」ナブテスコ株式会社

特集を読む »