株式・投資信託・ETF・退職・年金 投資に役立つ「ケイゾンマネー」

サンケン電が逆行高、エフィッシモが保有株比率を9.58%まで高める  7月22日09時09分

 サンケン電気<6707.T>が全般下げ相場に逆行高。13週移動平均線を足場に上値を慕う展開をみせている。旧村上ファンド関係者が運営する投資ファンドのエフィッシモキャピタルマネージメントが19日付で財務省に提出した変更報告書によると、サンケン電の株式保有比率が7.45%から9.58%に増加したことが判明、これが株価を刺激する形となっている。保有目的は純投資及び投資一任契約など。サンケン電は電源関連に強みを持つ半導体デバイスメーカーで、パワー半導体メーカーとして世界屈指の商品競争力を持っている。

出所:minkabuPRESS

【関連ニュース】
アイ・ピー・エスが続伸、マニラ首都圏地域に近視矯正クリニックを開設
ソレイジアが続伸、「エピシル」の中国販売を開始
22日韓国・KOSPI=寄り付き2090.35(-4.01)


Copyright (C) MINKABU, Inc. All rights reserved.

特集

「証券アナリストの調査手法とこだわり」(全6回)

「証券アナリストの調査手法とこだわり」

証券アナリストの行動パターンをご紹介!個人投資家のリスク回避術を学ぼう。

特集を読む »

おもしろ企業探検隊

おもしろ企業探検隊

平林亮子&内田まさみの「そうだ!社長に会いに行こう」ナブテスコ株式会社

特集を読む »