株式・投資信託・ETF・退職・年金 投資に役立つ「ケイゾンマネー」

アサヒは軟調スタート、豪ビール最大手のM&A発表で脚光も買収コストに不安  7月22日09時06分

 アサヒグループホールディングス<2502.T>は軟調スタート。同社は19日、オーストラリアのビール最大手、カールトン&ユナイテッドブルワリーズを日本円にして約1兆2200億円で買収することで合意したと発表。同社は国内ビール事業が伸び悩むなか、海外事業に積極展開しており、今回の買収で世界でのプレミアムビールの販売を更に加速させる構えにある。ただ、買収資金が巨額であるだけに財務面での不安も拭えず、足もとは売りが先行している。

出所:minkabuPRESS

【関連ニュース】
社宅Sが続伸、東証1部指定記念株主優待を実施へ
東京株式(寄り付き)=米株安受け反落スタート、下値では押し目買いも
債券:先物、前場始値は前営業日比1銭高の153円57銭 


Copyright (C) MINKABU, Inc. All rights reserved.

特集

「証券アナリストの調査手法とこだわり」(全6回)

「証券アナリストの調査手法とこだわり」

証券アナリストの行動パターンをご紹介!個人投資家のリスク回避術を学ぼう。

特集を読む »

おもしろ企業探検隊

おもしろ企業探検隊

平林亮子&内田まさみの「そうだ!社長に会いに行こう」ナブテスコ株式会社

特集を読む »