株式・投資信託・ETF・退職・年金 投資に役立つ「ケイゾンマネー」

社宅Sが続伸、東証1部指定記念株主優待を実施へ  7月22日09時06分

 日本社宅サービス<8945.T>が続伸している。7月20日に、東証1部指定記念株主優待を実施すると発表したことが好感されている。19年12月31日時点で1単元(100株)以上を保有する株主を対象に、一律で1000円分のクオカードを贈呈するとしている。

 同時に、集計中の19年6月期連結業績について、売上高が88億9100万円から84億3700万円(前の期比7.0%増)、営業利益が9億6800万円から9億5500万円(同18.3%増)へ下振れて着地したようだと発表した。

 新サービスや付帯サービスの開発で計画の遅れが生じたほか、施設総合管理事業でマンション管理サービスの専有部に向けた推奨販売の取り組みの遅れや、不動産サービスの買い取り再販の計画未達などが要因としている。なお、期末配当を従来予想の10円から13円に引き上げており、年間配当は22円(従来予想19円、前期18円)となる。

出所:minkabuPRESS

【関連ニュース】
東京株式(寄り付き)=米株安受け反落スタート、下値では押し目買いも
債券:先物、前場始値は前営業日比1銭高の153円57銭 
◎19日の欧米経済指標


Copyright (C) MINKABU, Inc. All rights reserved.

特集

「証券アナリストの調査手法とこだわり」(全6回)

「証券アナリストの調査手法とこだわり」

証券アナリストの行動パターンをご紹介!個人投資家のリスク回避術を学ぼう。

特集を読む »

おもしろ企業探検隊

おもしろ企業探検隊

平林亮子&内田まさみの「そうだ!社長に会いに行こう」ナブテスコ株式会社

特集を読む »