株式・投資信託・ETF・退職・年金 投資に役立つ「ケイゾンマネー」

メンバーズは上値追いに弾み、データサイエンス領域の人材派遣に期待  7月22日11時11分

 メンバーズ<2130.T>の上値追いに弾みがついてきた。きょうは続伸で76円高の2070円に買われ、今月2日につけた戻り高値2040円を払拭、5月30日の年初来高値2112円を意識する局面に入った。IT系人材でも高スキルを持つ先端IT人材に対するニーズが急拡大しており、大手IT企業も人材確保に躍起となっている状況。そのなか、Webサイトのデザイン制作のほかデジタルクリエーター人材の派遣などを主力とする同社は、日増しに存在感を高めている。完全子会社のメンバーズデータアドベンチャーが展開するデータサイエンス領域に特化した人材派遣ビジネスに注目度が高い。業績は営業利益段階で45%増益を達成した19年3月期に続き、20年3月期も29%増の12億4600万円を予想。来期以降成長スピードは更に高まる可能性がある。

出所:minkabuPRESS

【関連ニュース】
東邦レマックがしっかり、上期最終利益が計画上回る
<みんかぶ・個人投資家の予想から>=「買い予想数上昇」5位にRPAHD
22日香港・ハンセン指数=寄り付き28612.28(-153.12)


Copyright (C) MINKABU, Inc. All rights reserved.

特集

「証券アナリストの調査手法とこだわり」(全6回)

「証券アナリストの調査手法とこだわり」

証券アナリストの行動パターンをご紹介!個人投資家のリスク回避術を学ぼう。

特集を読む »

おもしろ企業探検隊

おもしろ企業探検隊

平林亮子&内田まさみの「そうだ!社長に会いに行こう」ナブテスコ株式会社

特集を読む »