株式・投資信託・ETF・退職・年金 投資に役立つ「ケイゾンマネー」

トラスコ中山が反発、MROストッカーとSAP Aribaの連携を決定  7月23日13時54分

 トラスコ中山<9830.T>が反発している。この日、同社が20年1月に稼働を予定している新たなプロツールの調達サービスである「MROストッカー」と、SAPジャパン(東京都千代田区)のヒト・モノ・サービスの調達業務を支援するクラウドソリューション「SAP Ariba」を連携させることで合意したと発表しており、これが好材料視されている。

 この連携により、MROストッカーからピックアップされた資材の情報と利用実績が、SAP Ariba側に送られ、注文から納品までの一連の作業のデジタル化を実現。SAP Aribaを利用するユーザーは、MROストッカーでの購買・調達情報を自社の購買システムや会計システムで一元管理することができるようになり、蓄積されたデータから最適化された在庫を提案し、需要を予測できるようになるとしている。

出所:minkabuPRESS

【関連ニュース】
日本オラクルはしっかり、「ISOU PROJECT」に同社のブロックチェーンが採用
<個人投資家の予想> 07月23日 13時
債券:40年債入札、応札倍率3.02倍


Copyright (C) MINKABU, Inc. All rights reserved.

特集

「証券アナリストの調査手法とこだわり」(全6回)

「証券アナリストの調査手法とこだわり」

証券アナリストの行動パターンをご紹介!個人投資家のリスク回避術を学ぼう。

特集を読む »

おもしろ企業探検隊

おもしろ企業探検隊

平林亮子&内田まさみの「そうだ!社長に会いに行こう」ナブテスコ株式会社

特集を読む »