株式・投資信託・ETF・退職・年金 投資に役立つ「ケイゾンマネー」

蝶理が反発、化学品事業の落ち込みを機械事業がカバーし第1四半期は15%営業増益  7月25日09時17分

 蝶理<8014.T>が反発している。24日の取引終了後に発表した第1四半期(4~6月)連結決算が、売上高831億8700万円(前年同期比0.9%増)、営業利益23億500万円(同14.6%増)、純利益16億2900万円(同10.9%増)と2ケタ増益だったことが好感されている。

 国内衣料や有機化学品が低調に推移し繊維事業や化学品事業は減収となったものの、機械事業は中南米向け車両事業が堅調に推移したほか、アフリカや東南アジアなど新規市場での取り扱い拡大が継続し売上高を押し上げた。機械事業の増収効果に加えて、化学品事業の収益性向上もプラスに働き2ケタ増益を確保した。

 なお、20年3月期通期業績予想は、売上高3700億円(前期比3.8%増)、営業利益83億円(同3.1%増)、純利益58億円(同3.0%増)の従来見通しを据え置いている。

出所:minkabuPRESS

【関連ニュース】
蝶理の第1四半期は15%営業増益
アエリアが3日続伸、有名人から動画お祝いメッセージが届くサービスを開始へ
ソフトバンクが6日続伸、4600万株を上限とする自社株買いを実施へ


Copyright (C) MINKABU, Inc. All rights reserved.

特集

「証券アナリストの調査手法とこだわり」(全6回)

「証券アナリストの調査手法とこだわり」

証券アナリストの行動パターンをご紹介!個人投資家のリスク回避術を学ぼう。

特集を読む »

おもしろ企業探検隊

おもしろ企業探検隊

平林亮子&内田まさみの「そうだ!社長に会いに行こう」ナブテスコ株式会社

特集を読む »