株式・投資信託・ETF・退職・年金 投資に役立つ「ケイゾンマネー」

日経平均寄与度ランキング(大引け)~日経平均は反落、ファーストリテと京セラの2銘柄で約66円分押し下げ  7月31日16時41分

31日大引け時点の日経平均構成銘柄の騰落数は、値上がり52銘柄、値下がり168銘柄、変わらず5銘柄となった。

31日の日経平均は反落。前日の米国株式市場では、米中協議が再開されたものの、トランプ大統領が中国を批判するツイートを行ったことから先行き懸念が優勢になったことで主要3指数は揃って下落。これを受けたシカゴ日経225先物清算値は大阪比175円安の21485円となり、日経平均はその水準にサヤ寄せする格好から、東京市場には朝方から売りが先行した。また、前述の通り米中貿易摩擦の期待感が後退するなか、千代田化工建設<6366>の日経平均除外に伴うバンナムHD<7832>新規採用に絡んだ約1300億円規模の売り需要なども意識されて、日経平均は寄付き後に下げ幅を拡大。中国国家統計局が本日発表した7月の製造業購買担当者指数(PMI)は市場予想を上回ったものの、アジア株式市場はさえない動きとなり、こちらを材料視する向きも限られた。後場にかけては、日銀の上場投資信託(ETF)買い観測が下支え役となったものの、米中通商協議のほか、トランプ大統領による大幅利下げ要求が伝わるなかでの米連邦公開市場委員会(FOMC)動向を見極めたいとする様子見姿勢は根強かった。

大引けの日経平均は前日比187.78円安の21521.53円。東証1部の売買高は13億5088万株、売買代金は2兆6650億円だった。なお、東証1部の値下がり銘柄は全体の約70%を占めた。

値下がり寄与トップはファーストリテ<9983>で1銘柄で日経平均を約48円押し下げた。同2位は京セラ<6971>となり、ファナック<6954>、ソフトバンクG<9984>、花王<4452>、キッコーマン<2801>、デンソー<6902>、トヨタ<7203>などが続いた。また、日経平均構成銘柄の下落率トップは千代化建で、前述の通り日経平均除外に伴う売り需要が意識され16.2%安、同2位はコニカミノルタHD<4902>で11.4%安となった。コニカミノルタは前日に業績予想の下方修正や大幅減益決算を発表したことが嫌気された。

一方、値上がり寄与トップは第一三共<4568>で1銘柄で日経平均を約15円押し上げた。同2位はソニー<6758>となり、TDK<6762>、アステラス薬<4503>、エーザイ<4523>、日本碍子<5333>などが続いた。ソニーは前日に第1四半期決算を発表、減収となったものの、市場予想を大幅上回る2ケタ営業増益となりポジティブサプライズが先行した。日経平均構成銘柄の上昇率トップは第一三共で、後場に発表した決算をうけ6.5%高、同2位は日通<9062>で6.0%高となった。


*15:00現在

日経平均株価  21521.53(-187.78)

値上がり銘柄数  52(寄与度+70.19)
値下がり銘柄数 168(寄与度-257.97)
変わらず銘柄数  5

○値上がり上位銘柄
コード  銘柄         直近価格         前日比 寄与度
<4568> 第一三共         6647           403 +14.80
<6758> ソニー          6170           311 +11.42
<6762> TDK            8470           170 +6.24
<4503> アステラス薬     1553.5          26.5 +4.86
<4523> エーザイ         5906           110 +4.04
<5333> ガイシ          1632           89 +3.27
<6098> リクルートHD      3718           28 +3.08
<6770> アルプスアル      2000           64 +2.35
<4506> 大日住薬         2007           63 +2.31
<2802> 味の素          1957           49 +1.80
<4021> 日産化学         4785           40 +1.47
<7205> 日野自           877           36 +1.32
<9062> 日通           6160           350 +1.29
<9766> コナミHD         4640           35 +1.29
<6988> 日東電          5390           30 +1.10
<4324> 電通           3620           25 +0.92
<4704> トレンド         4765           25 +0.92
<6479> ミネベアミツミ     1881           22 +0.81
<2502> アサヒ          4735           21 +0.77
<1801> 大成建          3770           85 +0.62

○値下がり上位銘柄
コード  銘柄         直近価格         前日比 寄与度
<9983> ファーストリテ    65550         -1310 -48.10
<6971> 京セラ          6690          -239 -17.55
<6954> ファナック       19530          -340 -12.48
<9984> ソフトバンクG     5628           -52 -11.46
<2801> キッコーマン      4975          -215 -7.89
<4452> 花王           7979          -215 -7.89
<6902> デンソー         4638          -162 -5.95
<7203> トヨタ          7024          -156 -5.73
<6724> エプソン         1610           -77 -5.65
<4901> 富士フイルム      5181          -149 -5.47
<8028> ユニファミマ      2330           -37 -5.43
<4911> 資生堂          8046          -132 -4.85
<9433> KDDI          2853.5           -22 -4.85
<7267> ホンダ         2710.5         -61.5 -4.52
<4902> コニカミノルタ     910          -117 -4.30
<4507> 塩野義          6057          -102 -3.74
<9735> セコム          8551           -99 -3.63
<9301> 三菱倉          2903          -182 -3.34
<6645> オムロン         5240           -90 -3.30
<4519> 中外薬          7800           -90 -3.30



<CN>

 Copyright(c) FISCO Ltd. All rights reserved.

特集

「証券アナリストの調査手法とこだわり」(全6回)

「証券アナリストの調査手法とこだわり」

証券アナリストの行動パターンをご紹介!個人投資家のリスク回避術を学ぼう。

特集を読む »

おもしろ企業探検隊

おもしろ企業探検隊

平林亮子&内田まさみの「そうだ!社長に会いに行こう」ナブテスコ株式会社

特集を読む »