株式・投資信託・ETF・退職・年金 投資に役立つ「ケイゾンマネー」

メンバーズ3日続落も売り一巡後下げ渋る、4~6月期営業赤字も通期見通しに変化なし  8月01日13時29分

 メンバーズ<2130.T>が3日続落、一時6.8%安の1847円まで売り込まれたが、その後は下げ渋る動きをみせている。企業のWebサイトのデザイン制作やデジタルクリエーター人材の派遣などネット支援ビジネスを手掛け、売上高は大幅な伸びが続いている。31日取引終了後に発表した19年4~6月期決算は売上高が前年同期比24.4%増の21億9900万円と大幅な伸びを示した。ただ、成長投資や人員コスト負担などから営業損益は1900万円の赤字となり、これが嫌気された。もっとも同社の場合、第1四半期の決算はあまり通期業績には影響がなく、前年同期は2800万円の赤字だった。20年3月期営業利益は前期比28.7%増の12億4600万円を計画しており、大幅成長トレンドに変化はなく、これを見込んで下値を拾う動きが顕在化している。

出所:minkabuPRESS

【関連ニュース】
◎午後1時現在の値上がり値下がり銘柄数
<みんかぶ・個人投資家の予想から>=「買い予想数上昇」1位にZOZO
千代化が動意、キャメロンLNGプロジェクト採算改善で第1四半期は営業黒字に浮上


Copyright (C) MINKABU, Inc. All rights reserved.

特集

「証券アナリストの調査手法とこだわり」(全6回)

「証券アナリストの調査手法とこだわり」

証券アナリストの行動パターンをご紹介!個人投資家のリスク回避術を学ぼう。

特集を読む »

おもしろ企業探検隊

おもしろ企業探検隊

平林亮子&内田まさみの「そうだ!社長に会いに行こう」ナブテスコ株式会社

特集を読む »