株式・投資信託・ETF・退職・年金 投資に役立つ「ケイゾンマネー」

「円高メリット」が5位にランクイン、1ドル=105円台突入で注目度上昇<注目テーマ>  8月05日12時22分

★人気テーマ・ベスト10

1 5G
2 サイバーセキュリティ
3 人工知能
4 半導体
5 円高メリット
6 TOPIXコア30
7 eスポーツ
8 韓国関連
9 半導体製造装置
10 JPX日経400

 みんなの株式と株探が集計する「人気テーマランキング」で、「円高メリット」が5位にランキングされている。

 週明け5日の東京為替市場で急激な円高が進行。午前10時過ぎ時点で、一時1ドル=105円80銭前後と、前週末2日の午後5時時点に比べ1円強の大幅なドル安・円高となっている。年初の1月3日以来、7カ月ぶりに105円台に突入した。

 この急激な円高進行は、景気悪化要因になるとの懸念が膨らみ、この日の日経平均株価は前週末に比べ500円近い大幅安。トヨタ自動車<7203.T>や日産自動車<7201.T>、キヤノン<7751.T>など輸出株を中心に売りが膨らんでいる。

 一方、輸入業者を中心に円高メリット株に対する注目度が上昇している。具体的には、王子ホールディングス<3861.T>や日本製紙<3863.T>など紙パ企業には木材チップなどの輸入を通じた円高メリットが期待できるほか、冷凍食品のニチレイ<2871.T>やマルハニチロ<1333.T>や極洋<1301.T>といった水産株は原材料の輸入でのメリットが期待できる。東京電力ホールディングス<9501.T>や東京ガス<9531.T>など原油や天然ガスを輸入している電力・ガス会社への恩恵が見込める。輸入品の国内での販売比率の高い家具・インテリア製造小売りチェーンのニトリホールディングス<9843>、靴小売り専門最大手のエービーシー・マート<2670>なども注目されている。

出所:minkabuPRESS

【関連ニュース】
東京株式(前引け)=続急落、米中摩擦懸念を背景にリスク回避売り加速
トヨタ、ホンダなど軟調、1ドル106円近辺への急速な円高進行が売り材料に◇
5日の主なマーケットイベント


Copyright (C) MINKABU, Inc. All rights reserved.

特集

「証券アナリストの調査手法とこだわり」(全6回)

「証券アナリストの調査手法とこだわり」

証券アナリストの行動パターンをご紹介!個人投資家のリスク回避術を学ぼう。

特集を読む »

おもしろ企業探検隊

おもしろ企業探検隊

平林亮子&内田まさみの「そうだ!社長に会いに行こう」ナブテスコ株式会社

特集を読む »