株式・投資信託・ETF・退職・年金 投資に役立つ「ケイゾンマネー」

金ETFが高い、米中貿易摩擦への懸念で金関連に見直し買い◇  8月05日14時10分

 SPDRゴールド・シェア<1326.T>やETFS 金上場投資信託<1672.T>、純金上場信託(現物国内保管型)<1540.T>など金ETFが高い。2日のニューヨーク商品取引所(COMEX)の金先物相場は前日比25.1ドル高の1トロイオンス=1457.5ドルに上昇。一時、1461ドル前後と13年5月以来、6年3カ月ぶりの水準に値を上げた。トランプ米大統領が1日に中国に対して追加関税の第4弾を発動すると発表。米中貿易摩擦への警戒感が高まるなか、リスクオフ局面で上昇しやすい金に買い資金が向かっている。また、米連邦準備制度理事会(FRB)や欧州中央銀行(ECB)が利下げ姿勢を強めていることも、金利のつかない金の買い要因となっているようだ。

(注)タイトル末尾の「◇」は本文中に複数の銘柄を含む記事を表しています。

出所:minkabuPRESS

【関連ニュース】
◎午後2時現在の値上がり値下がり銘柄数
ロジスネクスが急浮上、20年3月期の実質営業利益予想を増額
王将フードなど外食関連が高い、円高メリット業種で資金シフトの動き◇


Copyright (C) MINKABU, Inc. All rights reserved.

特集

「証券アナリストの調査手法とこだわり」(全6回)

「証券アナリストの調査手法とこだわり」

証券アナリストの行動パターンをご紹介!個人投資家のリスク回避術を学ぼう。

特集を読む »

おもしろ企業探検隊

おもしろ企業探検隊

平林亮子&内田まさみの「そうだ!社長に会いに行こう」ナブテスコ株式会社

特集を読む »