株式・投資信託・ETF・退職・年金 投資に役立つ「ケイゾンマネー」

バイタルKSKが後場プラス浮上、140万株を上限とする自社株買いを実施へ  8月05日14時39分

 バイタルケーエスケー・ホールディングス<3151.T>が後場プラス浮上。午後2時ごろ、140万株(発行済み株数の2.48%)、または15億4000万円を上限とする自社株買いを実施すると発表しており、これを好材料視した買いが入っている。取得期間は8月6日から12月27日までで、経営環境に応じた機動的な資本政策を遂行するためとしている。

 同時に発表した第1四半期(4~6月)連結決算は、売上高1426億8900万円(前年同期比0.8%増)、営業利益5億5100万円(同2.1%減)、純利益10億5300万円(同2.5%増)だった。また、20年3月期通期業績予想は、売上高5572億円(前期比0.4%減)、営業利益28億6000万円(同1.4%増)、純利益51億4000万円(同1.1%増)の従来見通しを据え置いている。

出所:minkabuPRESS

【関連ニュース】
<個人投資家の予想> 08月05日 14時
サンバイオがプラス圏に浮上、スズケンと再生細胞薬の商流に関する取引基本契約を締結◇
SUBARUはプラス圏に浮上、世界販売伸び第1四半期営業益48%増


Copyright (C) MINKABU, Inc. All rights reserved.

特集

「証券アナリストの調査手法とこだわり」(全6回)

「証券アナリストの調査手法とこだわり」

証券アナリストの行動パターンをご紹介!個人投資家のリスク回避術を学ぼう。

特集を読む »

おもしろ企業探検隊

おもしろ企業探検隊

平林亮子&内田まさみの「そうだ!社長に会いに行こう」ナブテスコ株式会社

特集を読む »