株式・投資信託・ETF・退職・年金 投資に役立つ「ケイゾンマネー」

前日に動いた銘柄 part2 NTTデータ、明治機械、手間いらずなど  8月06日07時32分

銘柄名<コード>⇒5日終値⇒前日比

enish<3667> 672 -70
決算通過後は買い戻し優勢の流れとなっていたが。

ミネベアミツミ<6479> 1703 -136
ボールベアリングなど伸び悩みで第1四半期は大幅減益に。

島精機製作所<6222> 2605 -210
いちよし証券ではレーティングを「C」に格下げ。

NTTデータ<9613> 1324 -107
4-6月期は小幅増益にとどまり市場の期待に届かず。

旭化成<3407> 955.4 -54.6
第1四半期想定比下振れ決算を引き続き嫌気。

日本通信<9424> 223 -21
25日線割れで信用買い方の見切り売り優勢に。

バリューコマース<2491> 1777 -166
決算発表後の出尽くし感が続く形にも。

ダブル・スコープ<6619> 1054 -80
日韓関係の緊張などを反映も。

ソフトバンクグループ<9984> 5356 -193
世界的な株式市場の先安感など重しに。

トヨタ自動車<7203> 6886 -43
先週末の決算では通期予想を下方修正。

東京エレクトロン<8035> 18010 -440
米半導体関連株の下落で国内関連株もさえない。

資生堂<4911> 7105 -291
インバウンド関連として短期業績への懸念も強まり。

明治機械<6334> 360 +80
大型配合飼料生産プラントの受注が好材料視される。

ハイパー<3054> 597 +63
サイバーセキュリティ関連の一角として短期資金が関心。

リミックスポイント<3825> 250 +7
ビットコイン価格の堅調推移などは手掛かりに。

アートスパーク<3663> 710 -150
上半期上振れ着地も4-6月期は収益悪化。

FRACTALE<3750> 544 -100
第1四半期大幅減益決算を嫌気。

手間いらず<2477> 3665 +415
19年6月期の決算及び20年6月期の見通しを評価、配当の増額も支援材料に。

シスロケ<2480> 1200 +171
20年3月期第1四半期の営業利益は前年同期比48.4%増の0.97億円で着地。

日特エンジ<6145> 2451 -356
20年3月期第1四半期の営業利益は前年同期比68.4%減の2.60億円で着地。

オンコリス<4588> 2058 +12
がんウイルス療法の方針変更、上期の営業損失は2.75億円と前年同期から赤字幅縮
小。

サン電子<6736> 1305 -92
20年3月期の上期及び通期見通しの下方修正を嫌気。

ビーマップ<4316> 841 -150
20年3月期の第1四半期決算の内容を嫌気。

LTS<6560> 1527 -400
19年12月期の第2四半期決算を受けて業績期待が剥落。

リンクバル<6046> 663 -150
19年9月期の売上高見通しを従来の33.47億円から27.20億円に引き下げ。

キャンディル<1446> 1382 -8
日本勢42年ぶりのメジャー制覇、渋野選手とスポンサー契約を結んでおり短期物色。

そーせい<4565> 2697 +153
武田薬と複数ターゲットを対象にした研究開発・製品化に関する新規戦略提携を締
結。





<FA>

 Copyright(c) FISCO Ltd. All rights reserved.

特集

「証券アナリストの調査手法とこだわり」(全6回)

「証券アナリストの調査手法とこだわり」

証券アナリストの行動パターンをご紹介!個人投資家のリスク回避術を学ぼう。

特集を読む »

おもしろ企業探検隊

おもしろ企業探検隊

平林亮子&内田まさみの「そうだ!社長に会いに行こう」ナブテスコ株式会社

特集を読む »