株式・投資信託・ETF・退職・年金 投資に役立つ「ケイゾンマネー」

日経平均は3日続落、一時600円超安も下げ渋る  8月06日15時46分

日経平均は3日続落。5日の米国市場でNYダウは大幅に5日続落し、767ドル安と今年最大の下げ幅を記録した。また、朝方には米財務省が中国を為替操作国に指定したと伝わり、円相場が一時1ドル=105円台半ばに急伸。本日の日経平均はこうした流れを嫌気して394円安からスタートすると、朝方には20110.76円(前日比609.53円安)まで下落する場面があった。ただ、中国の人民元基準値が市場予想より高めに設定されると安心感が広がり、円相場の急反落とともに日経平均は下げ渋る展開となった。

大引けの日経平均は前日比134.98円安の20585.31円となった。東証1部の売買高は15億2342万株、売買代金は2兆6367億円だった。業種別では、ゴム製品、石油・石炭製品、情報・通信業が下落率上位だった。一方、証券、鉄鋼、倉庫・運輸関連業が上昇率上位だった。東証1部の値下がり銘柄は全体の60%、対して値上がり銘柄は36%となった。

個別では、売買代金トップのソフトバンクG<9984>が3%近く下落し、トヨタ自<7203>も円高が嫌気され2%超下落した。第1四半期が大幅増益だった太陽誘電<6976>は一時プラスに切り返したが、米中対立激化への懸念から3%安で取引を終えた。その他売買代金上位では任天堂<7974>、ファーストリテ<9983>、三菱UFJ<8306>がさえない。マルハニチロ<1333>、ホトニクス<6965>などは決算を受けて急落し、日総工産<6569>は材料出尽くし感からストップ安水準まで売られた。一方、ソニー<6758>、ソフトバンク<9434>、東エレク<8035>
などはしっかり。ソフトバンクは堅調な決算で上場来高値を更新した。SUBARU<7270>は前日の取引時間中に発表した決算が評価されて8%高。ワールド<3612>やサントリーBF<2587>も決算を受けて大幅高となり、オプテクスG<6914>が東証1部上昇率トップとなった。


<HK>

 Copyright(c) FISCO Ltd. All rights reserved.

特集

「証券アナリストの調査手法とこだわり」(全6回)

「証券アナリストの調査手法とこだわり」

証券アナリストの行動パターンをご紹介!個人投資家のリスク回避術を学ぼう。

特集を読む »

おもしろ企業探検隊

おもしろ企業探検隊

平林亮子&内田まさみの「そうだ!社長に会いに行こう」ナブテスコ株式会社

特集を読む »