株式・投資信託・ETF・退職・年金 投資に役立つ「ケイゾンマネー」

ADR日本株ランキング~高安まちまち、シカゴは大阪比130円高の20600円(訂正)  8月08日07時46分

ADR(米国預託証券)の日本株はトヨタ<7203>、ソフトバンクG<9984>、ファナック<6954>、ファーストリテ<9983>、任天堂<7974>、資生堂<4911>、LINE<3938>、日東電<6988>が堅調。半面、ソニー<6758>、日産自<7201>、TDK<6762>、ルネサス<6723>、AGC<5201>が冴えないなど、対東証比較(1ドル106.26円換)で高安まちまち。シカゴ日経225先物清算値は大阪比130円高の20600円。

米国株式相場はまちまち。ダウ平均は22.45ドル安の26007.07、ナスダックは29.56ポイント高の7862.83で取引を終了した。米中対立の長期化を受けて、ニュージーランドやタイ、インドの中央銀行が相次いで利下げを実施し、リスク回避の動きも強まり米長期金利が低下した。世界経済の鈍化懸念から売りが先行し、ダウ平均は一時500ドルを超す下落となったものの、シカゴ連銀総裁が追加利下げの必要性を示唆すると下げ幅を縮小した。

7日のニューヨーク外為市場でドル・円は、NYダウの大幅安を嫌気して一時105円50銭まで下落した後、NYダウの下げ幅縮小を意識して106円27銭まで上昇し、106円27銭で引けた。世界経済が景気後退入りするとの警戒感に追加利下げ観測を受けたドル売り、リスク回避の円買いが再び活発となった。その後、米中対立が激化する中、9月に貿易協議が開催される予定であることが報じられると、警戒感は後退。ドルを買い戻す動きが広がった。ユーロ・ドルは、1.1191ドルから1.1242ドルまで上昇し、1.1200ドルで引けた。

NY原油先物9月限は大幅続落(NYMEX原油9月限終値:51.09 ↓1.06)。


■ADR上昇率上位銘柄(7日)
<9984> ソフトバンクG 25.62ドル 5445円 (257円) +4.95%
<8303> 新生銀 3.15ドル 1674円 (45円) +2.76%
<8604> 野村HD 3.65ドル 388円 (6.2円) +1.62%
<3938> LINE 32.37ドル 3440円 (35円) +1.03%
<7974> 任天堂 46.55ドル 39571円 (391円) +1%


■ADR下落率上位銘柄(7日)
<6839> 船井電機 1.13ドル 600円 (-31円) -4.91%
<9202> ANA 6.67ドル 3544円 (-97円) -2.66%
<8252> 丸井 42.39ドル 2252円 (-53円) -2.3%
<6361> 荏原 12.02ドル 2554円 (-49円) -1.88%
<8359> 八十二 35.75ドル 380円 (-7円) -1.81%


■その他ADR銘柄(7日)
<1925> 大和ハウス 28.27ドル 3004円 (14.5円)
<1928> 積水ハウス 17.02ドル 1809円 (6円)
<2503> キリン 21.28ドル 2261円 (2.5円)
<3402> 東レ 13.07ドル 694円 (-0.2円)
<3407> 旭化成 17.91ドル 952円 (1.2円)
<3938> LINE 32.37ドル 3440円 (35円)
<4523> エーザイ 52.34ドル 5562円 (37円)
<4901> 富士フイルム 47.26ドル 5022円 (10円)
<4911> 資生堂 67.4ドル 7162円 (54円)
<5108> ブリヂストン 18.84ドル 4004円 (10円)
<5201> AGC 5.69ドル 3023円 (-37円)
<5332> TOTO 37.81ドル 4018円 (-12円)
<5802> 住友電 11.63ドル 1236円 (8円)
<6301> コマツ 21.84ドル 2321円 (2円)
<6503> 三菱電 24.64ドル 1309円 (8円)
<6586> マキタ 30.19ドル 3208円 (18円)
<6645> オムロン 47.14ドル 5009円 (29円)
<6702> 富士通 15.28ドル 8116円 (32円)
<6723> ルネサス 3.04ドル 646円 (-4円)
<6758> ソニー 55.53ドル 5901円 (-10円)
<6762> TDK 78.03ドル 8291円 (-49円)
<6902> デンソー 21.09ドル 4482円 (36円)
<6954> ファナック 17.04ドル 18109円 (89円)
<6988> 日東電 22.9ドル 4867円 (28円)
<7201> 日産自 12.73ドル 676円 (-2.9円)
<7202> いすゞ 10.55ドル 1121円 (7.5円)
<7203> トヨタ 128.22ドル 6812円 (21円)
<7267> ホンダ 23.98ドル 2548円 (11.5円)
<7270> SUBARU 13.19ドル 2803円 (-6円)
<7733> オリンパス 11.8ドル 1254円 (1円)
<7741> HOYA 77.06ドル 8188円 (47円)
<7751> キヤノン 26.94ドル 2863円 (-2.5円)
<7974> 任天堂 46.55ドル 39571円 (391円)
<8001> 伊藤忠 38.69ドル 2056円 (5.5円)
<8031> 三井物 316.96ドル 1684円 (1.5円)
<8053> 住友商 14.56ドル 1547円 (10円)
<8058> 三菱商 50.46ドル 2681円 (11円)
<8306> 三菱UFJ 4.82ドル 512円 (-0.6円)
<8309> 三井トラスト 3.35ドル 3560円 (-9円)
<8316> 三井住友 6.91ドル 3671円 (0円)
<8411> みずほFG 2.93ドル 156円 (0.5円)
<8591> オリックス 70.4ドル 1496円 (-4円)
<8604> 野村HD 3.65ドル 388円 (6.2円)
<8766> 東京海上HD 52.57ドル 5586円 (17円)
<8802> 菱地所 18.84ドル 2002円 (6.5円)
<9202> ANA 6.67ドル 3544円 (-97円)
<9432> NTT 45.71ドル 4857円 (17円)
<9735> セコム 19.78ドル 8407円 (-20円)
<9983> ファーストリテイ 59.95ドル 63703円 (393円)
<9984> ソフトバンクG 25.62ドル 5445円 (257円)



<SF>

 Copyright(c) FISCO Ltd. All rights reserved.

特集

「証券アナリストの調査手法とこだわり」(全6回)

「証券アナリストの調査手法とこだわり」

証券アナリストの行動パターンをご紹介!個人投資家のリスク回避術を学ぼう。

特集を読む »

おもしろ企業探検隊

おもしろ企業探検隊

平林亮子&内田まさみの「そうだ!社長に会いに行こう」ナブテスコ株式会社

特集を読む »