株式・投資信託・ETF・退職・年金 投資に役立つ「ケイゾンマネー」

プラザクリエ Research Memo(7):2020年3月期は前期比横ばいの7円配を予想  8月08日15時37分

■株主還元

プラザクリエイト本社<7502>は株主還元について配当によることを基本としている。公約配当性向の定めはないが、過去の推移を見ると配当性向30%を1つの目安としていることが読み取れる。しかしここ数年は同社の構造改革で利益水準が大きく低下し、配当性向ではなく配当の安定性の見地から、配当額が決定される状況となっている。

2019年3月期は4期ぶりに親会社株主に帰属する当期純利益の黒字化となり、同社は事前予想どおり7円の配当を実施した。2020年3月期についても、前期比横ばいの7円配の配当予想を公表している。予想1株当たり利益※11.70円に基づく配当性向は59.8%となる。

※2020年3月期の親会社株主に帰属する当期純利益予想の150百万円と、2019年3月期末発行済株式数(自己株式除く)12.82百万株を用いてフィスコが算出。

(執筆:フィスコ客員アナリスト 浅川裕之)



<MH>

 Copyright(c) FISCO Ltd. All rights reserved.

特集

「証券アナリストの調査手法とこだわり」(全6回)

「証券アナリストの調査手法とこだわり」

証券アナリストの行動パターンをご紹介!個人投資家のリスク回避術を学ぼう。

特集を読む »

おもしろ企業探検隊

おもしろ企業探検隊

平林亮子&内田まさみの「そうだ!社長に会いに行こう」ナブテスコ株式会社

特集を読む »