株式・投資信託・ETF・退職・年金 投資に役立つ「ケイゾンマネー」

ADR日本株ランキング~トヨタなど全般堅調、シカゴは大阪比215円高の20775円  8月09日07時48分

ADR(米国預託証券)の日本株はトヨタ<7203>、ソフトバンクG<9984>、ファナック<6954>、ソニー<6758>、ファーストリテ<9983>、任天堂<7974>、資生堂<4911>、HOYA<7741>、エーザイ<4523>、TDK<6762>など、対東証比較(1ドル105.77円換算)で全般堅調。シカゴ日経225先物清算値は大阪比215円高の20775円。

米国株式相場は上昇。ダウ平均は371.12ドル高の26378.19、ナスダックは176.33ポイント高の8039.16で取引を終了した。中国の7月貿易収支で輸出が予想外に増加し、世界経済減速への懸念緩和から買いが先行。中国人民銀行が人民元売買の基準値を予想よりも元高に設定したほか、主要国での長期金利低下が一服したことから、一部銘柄に買い戻しが広がった。投資家心理が改善し、終日大幅上昇となった。

8日のニューヨーク外為市場でドル・円は、106円24銭まで上昇後、105円90銭まで下落し、106円07銭で引けた。良好な米国の雇用関連指標、予想を上回った中国の輸出、世界の債券利回りの低下が一段落したため投資家心理が改善。米債利回りの上昇や株高に連れ、ドル買い・円売りが優勢で始まった。その後、引けにかけ、債券利回りが再び低下に転じたためドル買いが後退した。ユーロ・ドルは、1.1232ドルまで上昇後、1.1177ドルまで下落して1.1179ドルで引けた。ドイツが景気底入れを目指し財政刺激策を講じるとの報道に一時期待感からユーロ買いが強まった。しかし、財務省報道官が「決定していない」と報道を否定したためユーロ買いが後退。さらに、イタリア財政、政局不安を受けたユーロ売りも強まった。

NY原油先物9月限は反発(NYMEX原油9月限終値:51.09 ↓2.54)。


■ADR上昇率上位銘柄(8日)
<4911> 資生堂 73.5ドル 7774円 (514円) +7.08%
<9984> ソフトバンクG 24.33ドル 5147円 (100円) +1.98%
<4704> トレンド 45.11ドル 4771円 (81円) +1.73%
<7752> リコー 8.91ドル 942円 (15円) +1.62%
<9735> セコム 20.5ドル 8673円 (135円) +1.58%


■ADR下落率上位銘柄(8日)
<5233> 太平洋セメ 6.4ドル 2708円 (-191円) -6.59%
<8303> 新生銀 3ドル 1587円 (-40円) -2.46%
<1812> 鹿島 11.84ドル 1252円 (-18円) -1.42%
<6460> セガサミーHD 3.13ドル 1323円 (-18円) -1.34%
<8359> 八十二 35.63ドル 377円 (-4円) -1.05%


■その他ADR銘柄(8日)
<1925> 大和ハウス 28.88ドル 3055円 (-4円)
<1928> 積水ハウス 17.15ドル 1814円 (9円)
<2503> キリン 21.68ドル 2294円 (11.5円)
<2802> 味の素 17.77ドル 1880円 (2円)
<3402> 東レ 13.32ドル 704円 (0.6円)
<3407> 旭化成 17.76ドル 939円 (1.9円)
<3938> LINE 32.78ドル 3467円 (37円)
<4523> エーザイ 52.81ドル 5586円 (51円)
<4901> 富士フイルム 47.78ドル 5054円 (40円)
<4911> 資生堂 73.5ドル 7774円 (514円)
<5108> ブリヂストン 19.21ドル 4064円 (0円)
<5802> 住友電 11.52ドル 1218円 (-10円)
<6301> コマツ 22.04ドル 2331円 (14.5円)
<6503> 三菱電 24.98ドル 1321円 (7.5円)
<6586> マキタ 29.26ドル 3094円 (19円)
<6645> オムロン 48.2ドル 5098円 (58円)
<6702> 富士通 15.56ドル 8229円 (23円)
<6723> ルネサス 3ドル 635円 (-2円)
<6758> ソニー 56.25ドル 5950円 (87円)
<6762> TDK 80.69ドル 8535円 (95円)
<6902> デンソー 21.14ドル 4473円 (19円)
<6954> ファナック 17.34ドル 18346円 (141円)
<6988> 日東電 23.26ドル 4920円 (44円)
<7201> 日産自 12.7ドル 672円 (0円)
<7202> いすゞ 10.7ドル 1132円 (5円)
<7203> トヨタ 129.35ドル 6841円 (31円)
<7267> ホンダ 24.18ドル 2558円 (23円)
<7270> SUBARU 13ドル 2750円 (0円)
<7733> オリンパス 12ドル 1269円 (0円)
<7741> HOYA 79.22ドル 8380円 (58円)
<7751> キヤノン 27.04ドル 2860円 (4円)
<7912> 大日印 10.8ドル 2285円 (0円)
<7974> 任天堂 47.04ドル 39803円 (483円)
<8001> 伊藤忠 39ドル 2063円 (14円)
<8002> 丸紅 62.31ドル 659円 (4.7円)
<8031> 三井物 315.26ドル 1667円 (13.5円)
<8053> 住友商 14.52ドル 1536円 (5円)
<8058> 三菱商 50.53ドル 2672円 (13.5円)
<8306> 三菱UFJ 4.86ドル 514円 (3.6円)
<8309> 三井トラスト 3.33ドル 3522円 (0円)
<8316> 三井住友 6.88ドル 3638円 (-12円)
<8411> みずほFG 2.97ドル 157円 (1.9円)
<8591> オリックス 70.75ドル 1497円 (12.5円)
<8604> 野村HD 3.66ドル 387円 (5.4円)
<8766> 東京海上HD 52.76ドル 5580円 (27円)
<8802> 菱地所 18.95ドル 2004円 (8円)
<9432> NTT 46.35ドル 4902円 (12円)
<9735> セコム 20.5ドル 8673円 (135円)
<9983> ファーストリテイ 60.71ドル 64213円 (123円)
<9984> ソフトバンクG 24.33ドル 5147円 (100円)



<SF>

 Copyright(c) FISCO Ltd. All rights reserved.

特集

「証券アナリストの調査手法とこだわり」(全6回)

「証券アナリストの調査手法とこだわり」

証券アナリストの行動パターンをご紹介!個人投資家のリスク回避術を学ぼう。

特集を読む »

おもしろ企業探検隊

おもしろ企業探検隊

平林亮子&内田まさみの「そうだ!社長に会いに行こう」ナブテスコ株式会社

特集を読む »