株式・投資信託・ETF・退職・年金 投資に役立つ「ケイゾンマネー」

前日に動いた銘柄 part2 新生銀行、カネカ、ピアラなど  8月10日07時32分

銘柄名<コード>⇒9日終値⇒前日比
新生銀行<8303> 1435 -192
大株主による売出発表で当面の需給懸念が強まる。

カネカ<4118> 3245 -340
第1四半期は想定以上の大幅減益に。

太平洋セメント<5233> 2629 -270
第1四半期は大幅減益で進捗率も低く。

日本アクア<1429> 518 -18
上半期大幅増益も目先の材料出尽くし感に。

トレジャー・ファクトリー<3093> 1138 -168
7月の既存店マイナス成長を売り材料視。

日本製紙<3863> 1784 -119
第1四半期は市場コンセンサスを下回る着地に。

ゲオHD<2681> 1329 -123
第1四半期減収減益決算を嫌気。

シチズン時計<7762> 485 -38
主力事業が揃って不振で業績下方修正。

KLab<3656> 850 -91
上半期5割営業減益を嫌気。

新日本電工<5563> 162 -8
通期最終赤字転落見込みを嫌気。

富士フイルム<4901> 4715 -299
第1四半期決算は市場予想を大幅に下振れ。

レーザーテック<6920> 5450 -260
好決算受けて前日に大幅高した反動も。

ZOZO<3092> 2087 +86
特に材料なく買い戻しなど需給面中心か。

バンナムHD<7832> 6040 +180
第1四半期大幅増益で上半期予想を上方修正。

テルモ<4543> 3314 +178
第1四半期決算は順調な立ち上がりとなる。

ダイフク<6383> 4925 -285
半導体・液晶業界の事業環境悪化映して業績下方修正。

那須電機鉄工<5922> 4820 +700
通期収益予想は大幅に上方修正。

堀田丸正<8105> 90 +3
特別利益計上で最終利益を上方修正。

ウインテスト<6721> 165 +7
中国企業との資本提携を引き続き材料視。

フライトホールディングス<3753> 897 -127
第1四半期は営業赤字拡大へ。

メルカリ<4385> 2693 -258
19年6月期の営業損失は121.49億円(前期は44.22億円)と赤字幅が拡大。

オンキヨー<6628> 71 +2
ロボットスタート社と資本・業務提携で基本合意との発表を材料視。

UTグループ<2146> 1852 -141
20年3月期第1四半期の純利益は前年同期比72%減で着地。

CRI・ミドルウェア<3698> 1856 -472
第3四半期の失速で業績期待が剥落。

AKIBA<6840> 3370 +501
20年3月期の上期予想を上方修正、営業利益は従来の0.10億円から1.80億円に。

PSS<7707> 503 +80
19年6月期の通期予想を上方修正、営業損益は赤字見通しから1.62億円の黒字に。

ピアラ<7044> 2531 +333
上期営業利益見通しを1.12億円から1.62億円に上方修正、ベトナム子会社設立も好
感。

構造計画研究所<4748> 2362 +143
19年6月期実績及び20年6月期見通しを評価、営業利益見通しは前期比20.8%増に。

博展<2173> 580 -61
20年3月期第1四半期の営業損益は0.30億円の赤字(前年同期は0.63億円の黒字)に。

ステムリム<4599> 951 -
9日マザーズ市場に上場。公開価格1000円に対して930円とやや弱い初値形成に。






<FA>

 Copyright(c) FISCO Ltd. All rights reserved.

特集

「証券アナリストの調査手法とこだわり」(全6回)

「証券アナリストの調査手法とこだわり」

証券アナリストの行動パターンをご紹介!個人投資家のリスク回避術を学ぼう。

特集を読む »

おもしろ企業探検隊

おもしろ企業探検隊

平林亮子&内田まさみの「そうだ!社長に会いに行こう」ナブテスコ株式会社

特集を読む »