株式・投資信託・ETF・退職・年金 投資に役立つ「ケイゾンマネー」

サンドラッグが急反発、ドラッグストアの新店効果で第1四半期増収増益  8月13日13時55分

 サンドラッグ<9989.T>が急反発している。9日の取引終了後に発表した第1四半期(4~6月)連結決算が、売上高1524億1200万円(前年同期比4.7%増)、営業利益95億5000万円(同7.6%増)、純利益65億4300万円(同6.7%増)と増収増益となったことが好感されている。

 ドラッグストア事業で6店舗を新規出店し2店舗のスクラップ&ビルドと26店舗の改装を実施したことが寄与。また、ディスカウントストア事業が、医薬品や食品などの販売強化や積極的な店舗改装などで売り上げが好調に推移したことも寄与した。

 20年3月期通期業績予想は、売上高6164億円(前期比4.8%増)、営業利益367億円(同4.2%増)、純利益250億円(同4.5%増)の従来見通しを据え置いている。

出所:minkabuPRESS

【関連ニュース】
ラクオリア創薬が急動意、1~6月期は増収効果で営業赤字幅縮小
荏原が大幅反落、精密・電子事業の見通しを引き下げ19年12月期業績予想を下方修正
<個人投資家の予想> 08月13日 13時


Copyright (C) MINKABU, Inc. All rights reserved.

特集

「証券アナリストの調査手法とこだわり」(全6回)

「証券アナリストの調査手法とこだわり」

証券アナリストの行動パターンをご紹介!個人投資家のリスク回避術を学ぼう。

特集を読む »

おもしろ企業探検隊

おもしろ企業探検隊

平林亮子&内田まさみの「そうだ!社長に会いに行こう」ナブテスコ株式会社

特集を読む »