株式・投資信託・ETF・退職・年金 投資に役立つ「ケイゾンマネー」

個別銘柄戦略:富士通やSMCに注目  8月14日09時06分

13日の米国市場は、NYダウが372.54ドル高の26279.91、ナスダック総合指数が152.95pt高の8016.36と急伸し、シカゴ日経225先物も大阪日中比370円高の20720円と大幅高。
14日早朝の為替は1ドル=106円60-70銭と、13日大引けより約1円30銭程度の大幅な円安水準。本日の東京市場は米株高と円安を素直に好感してソフトバンクG<9984>や任天堂<7974>、ソニー<6758>といった大型銘柄を中心に買い戻しが優勢となろう。米中摩擦を悪材料に売られてきた東エレク<8035>、村田製<6981>に加え、米長期金利の上昇によって三菱UFJ<8306>などの大手金融株も値上がりが予想される。一方、強気の投資判断や目標株価の引き上げが観測されたウエルシアHD<3141>、ペプチドリーム<4587>、富士通<6702>、SMC<6273>、ハーモニック・ドライブ・システムズ<6324>、レーザーテック<6920>、SCREEN<7735>、ゴールドクレスト<8871>、JR西日本<9021>などに注目。

<US>

 Copyright(c) FISCO Ltd. All rights reserved.

特集

「証券アナリストの調査手法とこだわり」(全6回)

「証券アナリストの調査手法とこだわり」

証券アナリストの行動パターンをご紹介!個人投資家のリスク回避術を学ぼう。

特集を読む »

おもしろ企業探検隊

おもしろ企業探検隊

平林亮子&内田まさみの「そうだ!社長に会いに行こう」ナブテスコ株式会社

特集を読む »