株式・投資信託・ETF・退職・年金 投資に役立つ「ケイゾンマネー」

「介護ロボット」が26位にランクイン、厚労省が公的保険適用を検討と報じられる<注目テーマ>  8月14日12時21分

★人気テーマ・ベスト10
1 5G
2 円高メリット
3 人工知能
4 サイバーセキュリティ
5 ソーシャルゲーム
6 宇宙開発関連
7 JPX日経400
8 TOPIXコア30
9 バイオテクノロジー関連
10 半導体

 みんなの株式と株探が集計する「人気テーマランキング」で、「介護ロボット」が26位にランクインしている。

 12日の日本経済新聞朝刊で、「厚生労働省は『パワーアシストスーツ』などの介護支援ロボットを公的保険制度の適用対象にする検討に入る」と報じられており、これが今回のランクインのきっかけとなっているようだ。記事によると、2020年度に効果を見極め、21年度の介護報酬改定で対象に加えるかを判断するとしている。

 こうした動きの背景には、介護現場における人手不足や職員の高齢化があるようだ。現在、介護者の腰に着けて作業を支援するパワーアシストスーツなどは、都道府県の基金を通じて導入時に最大で30万円程度を支給するにとどまっているが、保険適用によりロボットの導入を促すことで、介護作業の負担軽減や効率化を図るのが狙いとみられる。政府では、18年2月に閣議決定した「高齢社会対策大綱」で、15年時点で24億円強だった介護ロボットの市場規模を20年までに約500億円に成長させる目標を掲げており、これも後押しする。

 報道を受け、13日にはCYBERDYNE<7779.T>が商いを伴い急伸したが、この日は川田テクノロジーズ<3443.T>やFUJI<6134.T>、ヒーハイスト精工<6433.T>、幸和製作所<7807.T>などが堅調な動き。高齢化を背景に成長が見込まれるテーマだけに、今後も折に触れ注目されそうだ。

出所:minkabuPRESS

【関連ニュース】
14日の主なマーケットイベント
<みんかぶ・個人投資家の予想から>=「買い予想数上昇」2位にベネフィJ
午前:債券サマリー 先物反落、米中摩擦をめくる懸念が後退


Copyright (C) MINKABU, Inc. All rights reserved.

特集

「証券アナリストの調査手法とこだわり」(全6回)

「証券アナリストの調査手法とこだわり」

証券アナリストの行動パターンをご紹介!個人投資家のリスク回避術を学ぼう。

特集を読む »

おもしろ企業探検隊

おもしろ企業探検隊

平林亮子&内田まさみの「そうだ!社長に会いに行こう」ナブテスコ株式会社

特集を読む »