株式・投資信託・ETF・退職・年金 投資に役立つ「ケイゾンマネー」

東京株式(大引け)=199円高、米中摩擦への警戒感後退で買い戻し  8月14日15時36分

 14日の東京株式市場は終始買い優勢の展開。米中摩擦緩和への思惑から前日の米国株が上昇しそれを引き継ぐ動きとなった。ただ、買い一巡後は上値も重かった。

 大引けの日経平均株価は前営業日比199円69銭高の2万655円13銭と反発。東証1部の売買高概算は10億6324万株、売買代金概算は1兆9400億700万円。値上がり銘柄数は1673、対して値下がり銘柄数は406、変わらずは70銘柄だった。

 きょうの東京市場は前日のリスクオフの巻き戻しで日経平均が反発に転じた。トランプ米政権が対中制裁関税第4弾について一部品目の発動を12月に先送りすると発表、米中摩擦への行き過ぎた懸念が後退し、前日の米国株市場ではNYダウが一時500ドルを超える上昇をみせた。これを受け、東京市場でも主力株を中心に広範囲に買い戻される格好となった。外国為替市場ではドルが買い戻され、前場取引開始前に1ドル=106円台後半に円安が進行、これが輸出セクターをはじめポジティブに働いたが、取引時間中は円高方向に押し戻される展開となったことで、これを横目に日経平均も上値の重い動きを強いられた。業種別では33業種中、30業種が上昇し東証1部全体の78%の銘柄が上昇したが、売買代金は11営業日ぶりに2兆円の大台を割り込んだ。

 個別では、任天堂<7974.T>が売買代金トップで大幅高、ファーストリテイリング<9983.T>も買い優勢でソフトバンクグループ<9984.T>が下げ止まった。キーエンス<6861.T>、村田製作所<6981.T>、太陽誘電<6976.T>が上昇し、安川電機<6506.T>、SMC<6273.T>も堅調。ダブルスタンダード<3925.T>、ベネフィットジャパン<3934.T>がストップ高、イーレックス<9517.T>も急騰した。日本工営<1954.T>が値を飛ばし、ネットマーケティング<6175.T>も商い活況のなか大幅高となった。

 半面、三井住友フィナンシャルグループ<8316.T>が冴えず、アドバンテスト<6857.T>も利食いに押された。パン・パシフィック・インターナショナルホールディングス<7532.T>も軟調。やまみ<2820.T>がストップ安に売られ、ハウスドゥ<3457.T>も急落。サイボウズ<4776.T>も大きく値を下げた。アイビーシー<3920.T>が大幅安、ダブル・スコープ<6619.T>の下げも目立った。

出所:minkabuPRESS

【関連ニュース】
<動意株・14日>(大引け)=技研HD、イオレ、光通信など
東京株式(後場寄り付き)=日経平均株価は前場終値比で上げ幅拡大
<みんかぶ・個人投資家の予想から>=「買い予想数上昇」2位にベネフィJ


Copyright (C) MINKABU, Inc. All rights reserved.

特集

「証券アナリストの調査手法とこだわり」(全6回)

「証券アナリストの調査手法とこだわり」

証券アナリストの行動パターンをご紹介!個人投資家のリスク回避術を学ぼう。

特集を読む »

おもしろ企業探検隊

おもしろ企業探検隊

平林亮子&内田まさみの「そうだ!社長に会いに行こう」ナブテスコ株式会社

特集を読む »