株式・投資信託・ETF・退職・年金 投資に役立つ「ケイゾンマネー」

前日に動いた銘柄 part2サイボウズ、村田製作所、霞ヶ関キャピタルなど  8月15日07時32分

銘柄名<コード>⇒14日終値⇒前日比
サイボウズ<4776> 1169 -125
4-6月期の収益成長率鈍化をマイナス視。

ファイバーゲート<9450> 3135 -230
大幅増益決算や株式分割発表受け13日は大幅高に。

ビジョン<9416> 4930 -410
上期好決算や株式分割で13日は一時急伸。

オープンドア<3926> 2084 -155
決算発表後の出尽くし感が続く。

ジャパンディスプレイ<6740> 62 -3
引き続き第1四半期決算ネガティブ視が続く。

アシックス<7936> 1504 -45
決算受けて水準訂正進んだが過熱感も生じる。

キュービーネットホールディングス<6571> 2317 -27
今期2ケタ増益見通しで一時急伸も伸び悩む。

三井住友フィナンシャルグループ<8316> 3512 -23
自己株式の取得終了を発表している。

村田製作所<6981> 4680 +151
米中貿易戦争の一服感で電子部品には安心感。

パンパシHD<7532> 6610 -100
今期業績見通しは市場予想を下回る水準に。

アマテイ<5952> 129 +3
特に材料なく値頃感の強さや仕手性妙味に。

キョウデン<6881> 297+23
決算受けて13日に急落の反動も。

霞ヶ関キャピタル<3498> 4910 +700
1対2の割合での株式分割の実施と株主優待制度を新設するとの発表を材料視。

イグニス<3689> 1070 -
バーチャルライブアプリ「INSPIX LIVE」をリリースしたと発表。

ウェルビー<6556> 1902 +91
20年3月期第1四半期の営業利益は前年同期比21.2%増の4.39億円で着地。

クラウドワクス<3900> 1256 +63
19年9月期第3四半期の営業利益は0.62億円で着地(前年同期は0.78億円の赤字)。

パートナーA<6181> 352 +64
20年3月期第1四半期の営業利益は前年同期の約3.7倍の0.88億円で着地。

エスケーエレク<6677> 1969 -148
19年9月期の通期計画を再度上方修正するも利食いに押される。

ベルトラ<7048> 1215 +57
19年12月期の通期計画を上方修正、営業利益は従来の6億円から8億円へ。

オイシックス<3182> 1295 -142
20年3月期第1四半期の営業利益は前年同期11%減の5.43億円で着地。

アプリックス<3727> 332 +14
19年12月期上期の営業損益は1.5億円の赤字(前年同期は2.5億円の赤字)で着地。

ホーブ<1382> 1455 +6
足元の急伸に対する利益確定の動きが優勢に。





<FA>

 Copyright(c) FISCO Ltd. All rights reserved.

特集

「証券アナリストの調査手法とこだわり」(全6回)

「証券アナリストの調査手法とこだわり」

証券アナリストの行動パターンをご紹介!個人投資家のリスク回避術を学ぼう。

特集を読む »

おもしろ企業探検隊

おもしろ企業探検隊

平林亮子&内田まさみの「そうだ!社長に会いに行こう」ナブテスコ株式会社

特集を読む »