株式・投資信託・ETF・退職・年金 投資に役立つ「ケイゾンマネー」

急反落、6日安値を試すか  8月15日07時40分

[本日の想定レンジ]

14日は米NYダウが800.49ドル安の25479.42、ナスダック総合指数が242.42pt安の7773.94、シカゴ日経225先物が大阪日中比460円安の20120円。本日の日経平均は急反落が予想される。朝方はシカゴ225先物へのサヤ寄せとなり、6日ザラ場に付けた直近安値20110.76円が下値めどとして意識され、同水準を下回ると心理的な節目の20000円が攻防ラインとなりそうだ。株価は下降を続ける25日移動平均線や75日線の下に位置して大勢では弱気が続いている。日足の一目均衡表も三役逆転後の売り優勢の地合いのを示し続けている中、転換線が下落して短期的な売り圧力増大がみられる。ボリンジャーバンドでは、再び-2σ割れが予想されよう。ただ、各バンドの間隔が広いため、日中の値幅は上下どちらの方向にも大きくなりやすく、値戻しも一段安も早いペースで進む可能性があることに留意したい。

[予想レンジ]
上限20450円−下限20000円

<FA>

 Copyright(c) FISCO Ltd. All rights reserved.

特集

「証券アナリストの調査手法とこだわり」(全6回)

「証券アナリストの調査手法とこだわり」

証券アナリストの行動パターンをご紹介!個人投資家のリスク回避術を学ぼう。

特集を読む »

おもしろ企業探検隊

おもしろ企業探検隊

平林亮子&内田まさみの「そうだ!社長に会いに行こう」ナブテスコ株式会社

特集を読む »