株式・投資信託・ETF・退職・年金 投資に役立つ「ケイゾンマネー」

早稲アカ Research Memo(8):2020年3月期は実質3期連続増配を予定、株主優待の拡充も検討  8月16日15時38分

■株主還元策

早稲田アカデミー<4718>の株主還元策としては、安定的な配当の維持を基本とし、業績の状況に応じて配当性向も勘案しながら、利益配分を行っていくとしている。また、中長期的には、収益状況に応じて配当額の向上も検討していく方針だ。2020年3月期の1株当たり配当金は前期比実質2.5円増配の20.0円(配当性向29.7%)と3期連続での増配を予定している。

また、株主優待制度も導入しており、毎年3月末時点で100株以上保有の株主を対象として、継続保有期間3年未満は一律1,000円分、3年以上は一律2,000円分のQUOカードを贈呈している。加えて、新たな株主優待についても現在検討を進めているようだ。


■情報セキュリティ対策

同社は情報セキュリティ対策として、個人情報の管理についてはプライバシーマークを取得し、個人情報保護法に基づき運用ルールを設定しているほか、社員への教育も行っている。また、サイバー攻撃対策としては、外部から社内の基幹情報システムへの侵入を防ぐため、閉域網で社内システムを構築している。社内で外部とのメールのやり取りをする場合は、別のサーバーシステムを利用して送受信する格好となる。サーバーシステムについてはバックアップ用のミラーサーバーを用意しており、何らかのトラブルでサーバーがダウンした場合は、バックアップサーバーに切り替わりシステムダウンを防ぐ体制を取っている。その他、ウイルス対策や個人情報漏えいリスク対策として、USBメモリをパソコンに接続できないようにするなどの対策を行っている。

(執筆:フィスコ客員アナリスト 佐藤 譲)



<SF>

 Copyright(c) FISCO Ltd. All rights reserved.

特集

「証券アナリストの調査手法とこだわり」(全6回)

「証券アナリストの調査手法とこだわり」

証券アナリストの行動パターンをご紹介!個人投資家のリスク回避術を学ぼう。

特集を読む »

おもしろ企業探検隊

おもしろ企業探検隊

平林亮子&内田まさみの「そうだ!社長に会いに行こう」ナブテスコ株式会社

特集を読む »