株式・投資信託・ETF・退職・年金 投資に役立つ「ケイゾンマネー」

JESCOが反発、ベトナムのODA無償資金協力案件プロジェクトを受注  8月20日09時18分

 JESCOホールディングス<1434.T>が反発している。19日の取引終了後、ベトナム子会社が国際協力機構(JICA)のODA無償資金協力案件「水に関連する災害管理情報システムを用いた緊急のダムの運用及び効果的な洪水管理計画」プロジェクトを受注したと発表しており、これを好感した買いが入っている。

 今回受注したのは、同プロジェクトのダム局3カ所、水位観測局10カ所、CCTV局13カ所、無線局7カ所に関する建築工事・機器据え付け工事で、元請けの日本無線(東京都中野区)から約3億3400万円で受注。工期は19年6月から20年9月で、工事進行基準の適用により、20年8月期から21年8月期にかけて売り上げ計上する予定としている。

出所:minkabuPRESS

【関連ニュース】
JESCOがベトナムのODA無償資金協力案件プロジェクトを受注
霞ヶ関Cが大幅高、東南アジア事業やタイのマンション開発などで相次ぐ提携を材料視
ヴィッツが3日続伸、19年8月期期末配当で記念配1円を実施へ


Copyright (C) MINKABU, Inc. All rights reserved.

特集

「証券アナリストの調査手法とこだわり」(全6回)

「証券アナリストの調査手法とこだわり」

証券アナリストの行動パターンをご紹介!個人投資家のリスク回避術を学ぼう。

特集を読む »

おもしろ企業探検隊

おもしろ企業探検隊

平林亮子&内田まさみの「そうだ!社長に会いに行こう」ナブテスコ株式会社

特集を読む »