株式・投資信託・ETF・退職・年金 投資に役立つ「ケイゾンマネー」

日経平均寄与度ランキング(前引け)~日経平均は4日ぶり反落、ソフトバンクGと第一三共の2銘柄で約40円分押し下げ  8月21日12時49分

21日前引け時点の日経平均構成銘柄の騰落数は、値上がり38銘柄、値下がり180銘柄、変わらず7銘柄となった。

日経平均は4日ぶり反落。80.30円安の20596.92円(出来高概算4億5000万株)で前場の取引を終えている。20日の米株式市場でNYダウは4日ぶりに反落し、173ドル安となった。イタリアのコンテ首相が辞任を表明し、政局混乱への懸念から欧州株がほぼ全面安となり、米国株も売りが先行。一方で21日に発表される7月の連邦公開市場委員会(FOMC)議事要旨や、23日のパウエル連邦準備理事会(FRB)議長講演の内容を見極めたいとの思惑もあり、下値は限られた。為替相場は朝方、1ドル=106円台前半と前日より円高方向に振れており、本日の日経平均はこうした流れを引き継いで187円安からスタート。ただ、その後円相場の上昇が一服し、米株価指数先物が時間外取引で上昇すると、日経平均は寄り付き直後をこの日の安値に下げ渋る展開となった。東証1部の値下がり銘柄は全体の8割強、対して値上がり銘柄は1割強となっている。

値下がり寄与トップは、ソフトバンクG<9984>、同2位は第一三共<4568>となり、2銘柄で指数を約40円分押し下げたほか、キッコーマン<2801>、オリンパス<7733>、日産化学<4021>、信越化<4063>などがそれに続いた。キッコーマンは、外資系証券による投資判断引き下げが悪材料視されている。同証券によると、営業利益で7割を占め、中期的な利益成長のドライバーである海外事業のマージン見通しの軟化から、同社の中期的な期待利益成長率を引き下げたという。なお、値上がり寄与上位銘柄には、ファーストリテ<9983>、東京エレクトロン<8035>、ファナック<6954>、アドバンテ<6857>などが並んだ。


*11:30現在

日経平均株価  20596.92(-80.30)

値上がり銘柄数  38(寄与度+61.77)
値下がり銘柄数 180(寄与度-142.07)
変わらず銘柄数  7

○値上がり上位銘柄
コード  銘柄         直近価格        前日比 寄与度
<9983> ファーストリテ    63410          700 +25.46
<8035> 東エレク        19125          195 +7.09
<6954> ファナック       18345          165 +6.00
<6857> アドバンテ       4100           45 +3.27
<9433> KDDI           2768         13.5 +2.95
<1925> 大和ハウス       3335           50 +1.82
<4911> 資生堂          8149           50 +1.82
<8028> ユニファミマ      2292           12 +1.75
<2502> アサヒ          4836           45 +1.64
<6367> ダイキン        13390           40 +1.45
<5108> ブリヂストン      3971           33 +1.20
<6902> デンソー         4303           31 +1.13
<4503> アステラス薬     1459.5          5.5 +1.00
<4751> サイバー         4600          125 +0.91
<9766> コナミHD         4610           25 +0.91
<8252> 丸井G           2024           15 +0.55
<2503> キリンHD         2087           13 +0.47
<1721> コムシスHD       2879           12 +0.44
<3289> 東急不HD         647           8 +0.29
<1928> 積水ハウス      1866.5           7 +0.25

○値下がり上位銘柄
コード  銘柄         直近価格        前日比 寄与度
<9984> ソフトバンクG     4787         -150 -32.73
<4568> 第一三共         7030         -212 -7.71
<2801> キッコーマン      4815         -170 -6.18
<7733> オリンパス       1253          -34 -4.95
<4021> 日産化学         4760         -135 -4.91
<4063> 信越化         10425         -115 -4.18
<4452> 花王           7655         -112 -4.07
<4502> 武田           3518          -66 -2.40
<6762> TDK            8400          -60 -2.18
<4507> 塩野義          5771          -60 -2.18
<7951> ヤマハ          4725          -60 -2.18
<4506> 大日住薬         1884          -49 -1.78
<7751> キヤノン         2734         -32.5 -1.77
<9613> NTTデータ        1387           -9 -1.64
<7269> スズキ          3844          -42 -1.53
<6645> オムロン         5110          -40 -1.45
<6724> エプソン         1386          -20 -1.45
<3382> 7&iHD           3733          -39 -1.42
<4901> 富士フイルム      4555          -37 -1.35
<9022> JR東海         20610         -365 -1.33



<CN>

 Copyright(c) FISCO Ltd. All rights reserved.

特集

「証券アナリストの調査手法とこだわり」(全6回)

「証券アナリストの調査手法とこだわり」

証券アナリストの行動パターンをご紹介!個人投資家のリスク回避術を学ぼう。

特集を読む »

おもしろ企業探検隊

おもしろ企業探検隊

平林亮子&内田まさみの「そうだ!社長に会いに行こう」ナブテスコ株式会社

特集を読む »