株式・投資信託・ETF・退職・年金 投資に役立つ「ケイゾンマネー」

博展が反発、サステナビリテ経営のコンサルティングサービスを開始◇  8月23日14時05分

 博展<2173.T>が反発している。22日の取引終了後、サステナビリティ(持続可能性)経営のコンサルティング・アドバイザリーサービスを提供する「SB Japan Lab」を設立したと発表しており、これが好材料視されている。

 同サービスは、SDGs(持続可能な開発目標)の機運が高まるなか、サステナビリティに関する企業や地方自治体の課題解決のニーズに対応するのが目的。企業の中長期でのサステナビリティ戦略立案・社会課題解決と事業活動の関係性に関する社内浸透の支援、地方自治体におけるSDGs推進のコンサルティング、効果的なステークホルダーエンゲージメントのアドバイスなどのサービスを提供するとしている。なお、同サービスは、サンメッセ<7883.T>と業務提携し、サンメッセ総合研究所と共同で業務を進めるとしている。

(注)タイトル末尾の「◇」は本文中に複数の銘柄を含む記事を表しています。

出所:minkabuPRESS

【関連ニュース】
パートナーAがしっかり、「官公庁マリッジ」がコネクトシップの利用開始
債券:国債買いオペ、「残存期間5年超10年以下」の応札倍率1.88倍
ブラザーが上げ幅拡大、ガーメントプリンターを2.5次元ミュージカル専用劇場に納入


Copyright (C) MINKABU, Inc. All rights reserved.

特集

「証券アナリストの調査手法とこだわり」(全6回)

「証券アナリストの調査手法とこだわり」

証券アナリストの行動パターンをご紹介!個人投資家のリスク回避術を学ぼう。

特集を読む »

おもしろ企業探検隊

おもしろ企業探検隊

平林亮子&内田まさみの「そうだ!社長に会いに行こう」ナブテスコ株式会社

特集を読む »