株式・投資信託・ETF・退職・年金 投資に役立つ「ケイゾンマネー」

「リブラへの懸念は拭えず」米議員団が仮想通貨規制議論でスイスを訪問【フィスコ・ビットコインニュース】  8月26日14時55分

米下院金融サービス委員会のMaxine Waters委員長が、リブラ協会の拠点であるスイスを訪問した。
リブラの規制を行う政府当局者との会談を行なったものの、リブラプロジェクトに対する懸念払拭には至らなかったとの声明を発表した。

「スイス政府の役人が我々との面談に時間を割いてくれたことに感謝する。しかし、巨大ハイテク企業による、私的に管理された代替グローバル通貨の発行に対する懸念は拭えていない。引き続き、マネーロンダリングなどの課題や、その他委員会の管轄内の問題の検討を行なっていく。」

Waters委員長はリブラの発表当初より、米国の金融システムに与える影響やマネーロンダリングなどの観点で懸念を示していた人物の一人だ。先日に発表された委員会の優先事項にも「リブラに対する強力な監視」を盛り込むなど、委員会のリブラに対する警戒感は依然として強い。
今年6月には、委員会はFacebook社に関わる過去の顧客情報を巡るトラブルを引き合いに、同社に対してリブラ開発の一時停止への同意を求めている。今回のスイス訪問は、代替国際通貨になり得るリブラへの対応など、仮想通貨規制に関して、各国の委員と意見交換を行うことを発表していた。
委員会のリブラに対する主な懸念点は、マネーロンダリングと米国金融システムに与える影響であるとしているが、それら規制当局の懸念を払拭できるかが今後プロジェクトを進めていく上での1つの鍵となるだろう。

(記事提供:コインポスト)
CoinPost(コインポスト)は、日本最大級の仮想通貨・ブロックチェーン総合情報メディアサイトです。国内外の情報を迅速に捉え、考察も含めたオリジナル記事を配信しています。



<SI>

 Copyright(c) FISCO Ltd. All rights reserved.

カテゴリ 「ビットコインニュース」 のニュース一覧

ニュース一覧 »

特集

「証券アナリストの調査手法とこだわり」(全6回)

「証券アナリストの調査手法とこだわり」

証券アナリストの行動パターンをご紹介!個人投資家のリスク回避術を学ぼう。

特集を読む »

おもしろ企業探検隊

おもしろ企業探検隊

平林亮子&内田まさみの「そうだ!社長に会いに行こう」ナブテスコ株式会社

特集を読む »