株式・投資信託・ETF・退職・年金 投資に役立つ「ケイゾンマネー」

「セルフレジ」が20位にランクイン、ローソンが深夜の無人店実験で関心高まる<注目テーマ>  8月28日12時22分

★人気テーマ・ベスト10
1 5G
2 ドライブレコーダー
3 カジノ関連
4 キャッシュレス決済
5 人工知能
6 ソーシャルゲーム
7 円高メリット
8 防衛
9 TOPIXコア30
10 バイオテクノロジー関連

 みんなの株式と株探が集計する「人気テーマランキング」で、「セルフレジ」が20位となっている。

 テーマとして根強い人気のある「セルフレジ」だが、ローソン<2651.T>が22日、23日から横浜市内の店舗で深夜の無人店舗の実験に取り組むと発表したことをきっかけに改めて関心が高まっているようだ。今回の実験は、午前0時から5時まで売り場には店員を配置せず、店は施錠しておき利用客はスマートフォンアプリや顔写真を撮影して入店する。また、代金はアプリやセルフレジで払う。同社では半年間実験を行い、店舗オペレーションや防犯・物流面の課題、売り上げの推移、利用客の声などを検証した上で、その後の拡大展開を検討するとしている。

 コンビニエンスストアをはじめ、小売業界では人手不足が深刻となっている。ユニー・ファミリーマートホールディングス<8028.T>傘下のファミリーマートでもセルフレジを使っての夜間無人営業を検討しており、セルフレジへの需要の盛り上がりが期待されている。

 この日の関連銘柄の動きは、日本プリメックス<2795.T>やヴィンクス<3784.T>、アルファクス・フード・システム<3814.T>などが堅調に推移。一方、富士電機<6504.T>、東芝テック<6588.T>、富士通フロンテック<6945.T>などは冴えない展開となっている。

出所:minkabuPRESS

【関連ニュース】
<みんかぶ・個人投資家の予想から>=「買い予想数上昇」1位にポラテクノ
東京株式(前引け)=続伸も薄商いで上値重い展開に
午前:債券サマリー 先物反発、リスクオフ優勢が再び


Copyright (C) MINKABU, Inc. All rights reserved.

特集

「証券アナリストの調査手法とこだわり」(全6回)

「証券アナリストの調査手法とこだわり」

証券アナリストの行動パターンをご紹介!個人投資家のリスク回避術を学ぼう。

特集を読む »

おもしろ企業探検隊

おもしろ企業探検隊

平林亮子&内田まさみの「そうだ!社長に会いに行こう」ナブテスコ株式会社

特集を読む »