株式・投資信託・ETF・退職・年金 投資に役立つ「ケイゾンマネー」

日経平均は大幅反発、米中懸念和らぎ買い戻し  8月30日15時57分

日経平均は大幅反発。29日の米国市場でNYダウは続伸し、326ドル高となった。米中が対話に前向きな姿勢を示し、摩擦激化への懸念が和らいだ。米長期金利の上昇とともに円相場は1ドル=106円台まで下落し、本日の日経平均は米株高や円安を好感して180円高からスタート。寄り付き後も株価指数先物や景気敏感株に買い戻しが入り、日経平均は後場に一時20748.35円(前日比287.42円高)まで上昇した。ただ、市場では米中協議の行方を見極めたいなどとのムードも依然強かった。

大引けの日経平均は前日比243.44円高の20704.37円となった。東証1部の売買高は12億
0762万株、売買代金は2兆0215億円だった。売買代金が2兆円を超えたのは今月13日以来、およそ半月ぶり。業種別では、石油・石炭製品、証券、ゴム製品が上昇率上位で、その他も全般堅調。不動産業のみ小幅に下落した。東証1部の値上がり銘柄は全体の92%、対して値下がり銘柄は7%と全面高の展開だった。

個別では、ソフトバンクG<9984>、ソニー<6758>、トヨタ自<7203>など売買代金上位は全般堅調だった。ソニーは保有するオリンパス<7733>株の売却を発表。オリンパスは立会外取引でその自社株を取得し、6%超の上昇となった。アドバンテス<6857>やSUMCO<3436>といった半導体関連株に加え、太陽誘電<6976>などの電子部品株、安川電<6506>などの設備投資関連株も上げが目立った。楽天<4755>は一部証券会社のレーティング引き上げを受けて5%近い上昇。またワイヤレスG<9419>がストップ高を付け、新規レーティング観測のレッグス<4286>や独社事業の買収を発表したDIC<4631>も東証1部上昇率上位に顔を出した。一方、売買代金上位ではファーストリテ<9983>
や資生堂<4911>が逆行安。業績上方修正を発表した東京ドーム<9681>も売り優勢だった。また、第3四半期決算が減益となったパーク24<4666>などが東証1部下落率上位に顔を出した。


<HK>

 Copyright(c) FISCO Ltd. All rights reserved.

特集

「証券アナリストの調査手法とこだわり」(全6回)

「証券アナリストの調査手法とこだわり」

証券アナリストの行動パターンをご紹介!個人投資家のリスク回避術を学ぼう。

特集を読む »

おもしろ企業探検隊

おもしろ企業探検隊

平林亮子&内田まさみの「そうだ!社長に会いに行こう」ナブテスコ株式会社

特集を読む »