株式・投資信託・ETF・退職・年金 投資に役立つ「ケイゾンマネー」

<動意株・30日>(大引け)=Dガレージ、トランザス、アンファクなど  8月30日15時07分

 デジタルガレージ<4819.T>=大幅反発。この日の午前中、同社と大和証券グループ本社<8601.T>が合弁で設立した株式会社DG Daiwa Venturesが、次世代技術を有するグローバルのスタートアップ企業に向けた投資ファンド「DG Lab2号ファンド」を組成したと発表。「DG Lab2号ファンド」は、「DG Lab1号ファンド」と同様に「ブロックチェーン」「AI」「VR/AR」「セキュリティー」「バイオヘルス」の5つの重点分野を投資対象領域とし、国内外の有力なスタートアップ企業への投資を実行する。8月末時点でカカクコム<2371.T>やKDDI<9433.T>、三井住友信託銀行、損害保険ジャパン日本興亜などの出資参画が決定しており、総額100億円を超える第1次募集が完了。20年3月までにファイナルクローズし、最終的なファンド総額として200億円程度を目指すとしている。

 トランザス<6696.T>=一時ストップ高。29日の取引終了後、シンガポール子会社トランザス・アジア・パシフィックが、シンガポールのオットー・ソリューション社とパートナーシップ契約を締結したと発表、これを好材料視している。オットー社は照明、オートメーション設備、スマートソリューションを東南アジアに幅広く展開するソリューションプロバイダー。今回のパートナーシップ契約は、オットー社の展開する照明ソリューションにトランザスのIoTソリューションを組み入れ、両社の結合型ソリューションであるSmart IoT industry4.0ソリューションを東南アジアに展開することを目的としている。最初のプロジェクトとして、シンガポールのフォルクスワーゲンの新築5階建てビルに、全照明のIoTコントロールソリューションを導入するとしている。

 and factory<7035.T>=6日ぶりに反発。この日の午前中、ホテル・旅館向け客室内タブレットサービス「tabii」において、アクティビティジャパン(東京都新宿区)と体験観光サービスの提供で連携し、体験型観光プランの掲載を開始すると発表しており、これが好感されている。「tabii」は月額無料で利用できる客室内タブレットサービス。ゲストはホテル周辺の観光やグルメなどニーズに応じた情報を得ることができるほか、エンタメ動画を楽しむことができ、滞在中の客室満足度を高めることが期待されている。今回の機能追加により、日本全国のアウトドアアクティビティーや伝統文化体験、ものづくりなどのレジャー情報を「tabii」上で予約可能な情報として提供することで、利用者は日本中の体験プランを簡単に検索・予約することが可能になる。なお、同サービスの初導入先として9月1日開業の「変なホテル東京 浅草田原町」が決定したとしている。

 テックポイント・インク<6697.T>=上値追い指向を強める。7月26日以来となる800円台回復を目前に捉えている。半導体ファブレスメーカーで米シリコンバレーを本拠とする。監視カメラ向け及び車載用半導体で競争力が高く業績は好調。会社側では車載用半導体はドライブレコーダーや電子ミラーに用途を拡大させ、先進運転支援システムの普及に合わせ需要を取り込む戦略を打ち出している。ここ市場が急拡大途上にあるドライブレコーダー関連の有力株としての位置づけで買いを呼び込んでいる。

 ワイヤレスゲート<9419.T>=ストップ高で新値街道復帰。前日こそ上昇一服となったがきょうは改めて投資資金が攻勢をかけている。年初来高値828円を一気に抜き去った。他社回線を借りて無線ネット通信サービスを展開する。足もとの業績は低調ながら、IoT分野のセキュリティーなどに注力し収益機会を広げている。信用取引は直近データで売り残が100万株を超え、信用倍率は0.87倍。日証金では貸借倍率が0.28倍で需給相場の様相を強めている。

 セルシード<7776.T>=ストップ高。大阪大学が29日、iPS細胞から作ったシート状の角膜細胞を初めて患者に移植したことが伝えられたことで、角膜再生上皮シートの開発を手掛ける同社やジャパン・ティッシュ・エンジニアリング<7774.T>に買いが入っている。今回、大阪大学の西田幸二教授らの研究チームが行った角膜細胞の移植は、「角膜上皮幹細胞疲弊症」の患者を対象とした臨床研究の初の事例で、国内では目の網膜の難病である加齢黄斑変性症やパーキンソン病に次いで3件目のiPS細胞を利用した移植となる。今後、臨床研究が順調に進み実用化されれば、慢性的な角膜提供者の不足の解消につながことが期待されているだけに、株式市場でも関心が高まっているようだ。

 ※未確認情報が含まれる場合があります。株式の売買は自己責任に基づいて、ご自身でご判断ください。

出所:minkabuPRESS

【関連ニュース】
Dガレージ大幅反発、ブロックチェーンやAIのスタートアップを対象とするファンド2号を組成◇
バリューデザが続伸、「d払い」「au PAY」の接続に対応◇
トランザスが一時S高、シンガポールのオットー・ソリューションとパートナーシップ契約締結


Copyright (C) MINKABU, Inc. All rights reserved.

特集

「証券アナリストの調査手法とこだわり」(全6回)

「証券アナリストの調査手法とこだわり」

証券アナリストの行動パターンをご紹介!個人投資家のリスク回避術を学ぼう。

特集を読む »

おもしろ企業探検隊

おもしろ企業探検隊

平林亮子&内田まさみの「そうだ!社長に会いに行こう」ナブテスコ株式会社

特集を読む »