株式・投資信託・ETF・退職・年金 投資に役立つ「ケイゾンマネー」

世界最大の航空宇宙企業ボーイング、仮想通貨ノードを運営に【フィスコ・ビットコインニュース】  8月30日13時16分

世界最大の航空宇宙企業ボーイング社が、「Hedera Hashgraph」という仮想通貨プロジェクトの管理ノードを運営することになったとCoinDeskが報じた。

ボーイング社以外にも、野村ホールディングス<8604>やIBM、TaTa通信などの世界的大手企業がHederaの管理ノードに参加しているという。

Hedera Hashgraphとは、エンタープライズ向けのブロックチェーンプラットフォームであり、本日はHederaがメインネットの公開を9月16日に予定すると発表した。Hederaのブロックチェーンは少額決済やdAppsの開発の機能を持つという。

ノードを運営する企業はメインネット上で、プライベートネットワークをパブリックネットワークに接続し送金システムを利用することができる。

なお、Hederaは9月16日より、1.24億ドルを調達した独自のICOトークンHBARを投資家に配布する。この配布プロセスは15年間に渡って行うという。

(記事提供:コインポスト)
CoinPost(コインポスト)は、日本最大級の仮想通貨・ブロックチェーン総合情報メディアサイトです。国内外の情報を迅速に捉え、考察も含めたオリジナル記事を配信しています。




<HH>

 Copyright(c) FISCO Ltd. All rights reserved.

カテゴリ 「ビットコインニュース」 のニュース一覧

ニュース一覧 »

特集

「証券アナリストの調査手法とこだわり」(全6回)

「証券アナリストの調査手法とこだわり」

証券アナリストの行動パターンをご紹介!個人投資家のリスク回避術を学ぼう。

特集を読む »

おもしろ企業探検隊

おもしろ企業探検隊

平林亮子&内田まさみの「そうだ!社長に会いに行こう」ナブテスコ株式会社

特集を読む »